« 数少ないトップモデルだったり | トップページ | ステッカーチューン »

2017年8月 5日 (土)

イン側のステップ

 もてぎサーキットでは、左側だけガリッと2回ほど車体が接地しましたが、削れてないステップのバンクセンサーと、錆びたメインスタンドの角から考えると、バンクセンサーより先にスタンドが接地した?と書いた通り。何のためのバンクセンサーかと…というのは置いといて、ステップの踏み方です。

 今回長らくステップの根元を踏んでたのを、ステップの先の方を踏むスタイルに変えてみようという試みも行っていました。まあ、ほとんど腰を動かさない細いタイヤのバイクばかりだったので特に問題も無かったのですが、NCでは結構その辺の置き方でも違うんじゃないかと…。自分内足を大きく足を大きく開く乗り方でなかったのですが、ハングオフだと開きづらいというのはカッコ悪いってのもありますしね…。

 とはいえ、30年もそうやって乗っていたのを矯正するってのは、実は驚くほど困難で…はありましたが、基本バカなので、今回はちょっとしたきっかけで(右だけ)急に出来る様になりました~。ラッキー!バンクセンサーどころか、メインスタンドを擦ってしまうのでは困るということで、ちょっと土踏まずをステップに乗せて、少ーしつま先を開き気味にしてブーツのセンサーを先に擦ろうと思ったんですよ。まあ、スタンドは左で試したのは右でしたが(意味なし)。

 でもバンクしてく時に無意識にちょっと引いたら、なんだかいい感じなんじゃ…ということで。ちなみに、そんな右側は割とスムーズに移行できたのですが、左はギリギリでシフトダウンする(今回は倒し始めてからもシフトダウンしてたりしたし…)癖のために、そのまま引くといつもの位置で…。というわけで、わかっていても難しいよね、という事ですね。ま、きっかけはつかめたので、ステップのバンクセンサーガリガリ削る音と振動がダメな自分は、車体を擦らないためにもちょっと練習してみようかと思っています。

|

« 数少ないトップモデルだったり | トップページ | ステッカーチューン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イン側のステップ:

« 数少ないトップモデルだったり | トップページ | ステッカーチューン »