« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月19日 (日)

こんなバイクが欲しいかな…

 乗れないとろくなこと考えない。というわけで、今回はアフリカツインですよ。このエンジンをハーレーのスポーツスター(キャブの頃の)のフレームに突っ込んだ様なバイクが欲しいです。ボルトはちょっと大きいし、ハンドリングもカスタム性も…。270度ツインを少し前傾させて、リアバンクのあたりに補器類を突っ込んで、左右にちょっとはみ出したスライダー兼のエアボックスをくっつけてやれば、なんか楽しそうかな?と。

 コンパクトでシートも高くなく、アメリカンにもチョッパーにも、そして流行りの?カフェレーサーにも出来て、お得です(笑)。エンジンは低中速を太く、上はNC700程度に回ればOKな、トルクで走るバイクだと、我慢できないかも?レブルの上のクラスだけど、コンパクトな車体に収めれば、ユーザーにとって拡張性の高いバイクになるし。

 まあ、堂々とした体躯的なものを求めやすいホンダですから、なかなか無理な注文でしょうけどね。年寄りは重くなくて、取り回しやすく、でもパンチがあって鼓動感のような飛ばさなくてもツーリングでも楽しめるバイクが欲しいと思うんですけどね。女性にもちょうどよさそうだし。仕舞ったまんま、にならないバイクがいいですね。

 真っ直ぐで平らなシートレールだけは、忘れずに。ライトやウインカーは交換前提でなんかの流用でいいでしょうし、外装のピカピカはオプション(もしくはデラックスモデル専用で)で安くしてくれると、カスタムした人の満足感も高まるし、乗り出しやすくなるんじゃないでしょうかね。うん、こういう無理めなものを考えるのは楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

乗れなきゃ、妄想もまた楽し。

 ちなみにNC700の時には、こういう奥でくるっとというライディングはできませんでした。ボニーでぎりぎり、クラシックなフレームによるハンドリングのおかげなのでしょうかね。逆に最新のSSでも出来そうな気はしますが、さすがに借り物で無理をする勇気は(というか、なんかあった時の予算が)ないですね。

 そういう意味ではNC700は、また別のライディングを考える良い機会にもなったということです。太いタイヤ(自分の中比)を含めて。どうしてもホイールベースが伸びるエンジンの構成ですが、やはりクイックな旋回はできない(そして重心位置とロール軸のちぐはぐ感)と感じたテージ(90年くらいの)の、低いところでコロンと転がすハンドリングにNCを組み合わせてみたいというのを前に書きましたが、逆に相乗効果でさらに曲がらない?

 フロントの安定感をベースに、NC乗ってる人なら上手く旋回力を生かせるんじゃ?とも思うんですけどね。あと、テージって大きく曲げたガルフロントアーム的なものとヘッド下のフロントサスとかって構成だとまともに走れないのかなぁ?ま、フィーリング的な雰囲気が少しは変わるんじゃないか?という素人考えなんですけどね。

 ライディングも含め、そういう妄想を広げて、ライディングとバイクをつなげていく、そういうのも楽しくて好きです。正確な物理学でなくても、感覚的なものを実際の物に当てはめてみて、思考と現実の事象としてのライディングを整理する、というか。あと妄想的には、フロントが不安な感覚があるなら、大径の細いタイヤのテージもありなんじゃね?とかって、考えても試せないのが欠点ではありますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

スピードにも色々ありまして…

 そうそう、もてぎのライパで宮城さんに「コーナーで上手にスピード乗せてますね」的なことを言われましたが、写真を見るとあの通り。迫力の一つも無いし、バンク角もフルノーマルで非常に浅い。ホントかい?という気にもなりますが、陥りやすい勘違いの一つとして、コーナリングスピードってのがありまする。

 単純に速度を上げること≒我慢して高いスピードでバンクさせて、フルバンクしたままコーナーを“やり過ごす”という罠にはまってしまう人は結構多い様ですね。速度が速いからコーナリングスピードが速いってのは一面では正解ですが、一面では不正解でしょう。一番大事なのは、そのコーナーの通過時間を減らす、という事でありまして。

 ラインが定まらず、タイヤ頼みでもうただ我慢して待つだけのライディング、上手とは言えないでしょう?バイクとコーナーと、どう詰めていくかを、バイク任せで掴まっているにしてはいけないですよね。どうコントロールしていくか、ラインを、アクセルをどうするのか、を考えないとね。結局はらんだり、アクセルを開けられなかったりで遅い人、ライパでも結構いるの感じますし。

 SR400の場合は、もうホントに加速しないんで、コーナーの入り口をターンインのポイントまでは進入と考えてブレーキングポイントを設定、奥まで行って一気に小さく向きを変えたらアクセル開けっぱなし的なライディングになるわけですが、多数の乗ってる4気筒は、バンク時の安定感が高く感じるために余計に罠にはまりやすくなってしまうのかもしれませんね。でも、色々試してみると、速い遅いどうこう以前に、やっぱり楽しいじゃないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

モトラッド水戸

 明日6日より、BMW正規ディーラーであるモトラッド水戸の誕生です!…ええ、オートショップオオツキの名称変更という案内がきてました。体制に変更があるかどうかはわかりませんが、もしかしてヤマハオーナーである自分の危機?今まで付いてたヤマハとホンダの小さい看板もおろすことになるのでしょうかね。

 まあ、心配することは無いと思っていますが、現ヤマハ乗りとしては、肩身が狭いのが更に狭くなるのはしょうがないですね。端の方にこそっと置くようにしないと。ショールーム自体も大きくなって、事務スペースが後ろに入る形になるみたいですが、雰囲気が変わらないといいですね。今までは、わりと入りやすいディーラーさんでしたからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

アライの新型??

https://twitter.com/araihelmetjapan/status/925649803073150977

 うわぁ~、発売予定になった?んだ…。これが来るなら欲しかったんだけどなぁ。ゴストラッカー好きだっただけに、ホントどうしてもっと早く…。と言いつつ、やはりX-14の首振りの軽さに救われてる(肩こりが)だけに、とても複雑な気持ち。やっぱり気のせいでもなく、首戻すのが軽いので、肩の張りが軽くて済んでるような感じですかね。

 さて、プロフィール(って書くと別なヘルメットみたいだけど)はどうなっているのか?共通のサイドカバー式か、それともショーモデルのアレなのか?楽しみですね。一番興味があるのが、その空力特性。ゴストラッカーがヨーイング方向でアストロより少しだけ安定傾向にあった気がするので、そチンガードの形状がどの程度役に立っているのかな?って。

 こうして強く意識して空力を考えるようになったのも、ライダースクラブ紙の企画でショウエイ茨城工場の風洞実験に参加させてもらったおかげですね。とにかく自分の乗るバイクはそんなに速度が出ないものが多かったので、あまり気にしなかった分野ですからね。もてぎでも直線では完全に伏せてるので、コーナーの中はそれどころじゃなくて気にしませんでしたが。

 でも、たしかにRT-33、X-14と使ってみると、日常使いの部分でも、結構空力は疲労や安定感にすごく大きな影響があって。若いうちは気にならなかった首の負担が増えているというのは、加齢による衰えが大きいという耳の痛い声が聞こえますが、それでもやはり無理せず長く乗ろうとすると、考えなくちゃいけない部分でもあるから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »