« 似てる?似てない? | トップページ | こんなところにあったのか… »

2018年3月 1日 (木)

そういえば、

 先月号になっちゃいましたが、ライダースクラブの3月号のワークスマシン特集、ペドロサ車の写真見ましたでしょうか?背の小さいペドロサということもあるのでしょうが、ブレーキとクラッチレバーの位置がかなり高めです。レーシングスタンドでリアが上がった状態でアレですから、ハンドルバート同じくらいの高さでしょうか。マルケスは短くて低いですが、それほど極端に低いというほどでもないですね。

 そうそう、ハンドルのたれ角はマルケスのほうがフラットに近いですが、実は垂れ垂のケニー・ロバーツと同じくらいですね。なにが?という感じですが、まあ気になる方はフルバンク状態の写真でも見比べてみてください。地球に向かって、というあたりがヒントでしょうか。意外と大きく変わっている様でいて、実はそんなに変わらない部分もあるのかもしれないですね。

 ペドロサ車はペダル類の高さも低かったりして(背が低く前に座るから?)、足首の固い自分が借りるなら、レバーも高いペドロサ車ですね・・・って、借りることなんてありえないですけどね。まあ、そのくらい人によってレバー、ペダル類のセッティングは違ってくることもある、ということを知識として知っていることは、乗りにくいバイクに乗り続けることからの脱却に役立つことがあるかもしれない、ということで。

 単純に真似すればいいというものでなく、自分のライディング、体躯に合わせるにはどうすれば…ということをよく考えないといけないのですが、逆に言えば、スタンダードの低い状態に自分が合わせて乗る必要もないということでもありますね。体の小さい人は、ハンドルフルロック状態でもコントロール性の高い、高めの位置を試してみるとか、試行錯誤が楽しいわけで。ちょっとでも不満を感じたら、ボルト2本のことですから、試してみては?

|

« 似てる?似てない? | トップページ | こんなところにあったのか… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そういえば、:

« 似てる?似てない? | トップページ | こんなところにあったのか… »