« S36E、写真撮ってたんだっけ | トップページ | ライパは革の上下でも大丈夫ですが、 »

2018年5月15日 (火)

逆操舵しないと曲がれない?

 問題あるかもしれないので、すぐ消すかもしれませんが、という前置きをして。

 逆操舵なぁ…。逆操舵はバンクのきっかけとして直接ハンドルを切るというものだけでなく、他の逆操舵もあるわけですが…。というかハンドル操作で、というのを憶えてしまうとネガも大きくなったりするので、意識して逆ハンドル操作をしない、というスタンスなわけです、自分は。他の逆操舵?って思うでしょうが、体重移動だけで切り返しをしようとする(自分の走りをよく観察する)と、わりと自然と逆操舵な動きが入ってきたリするんですよね、意識しなくても。

 というわけで、コーナー進入に逆ハンドルを切る操作が必要とかってことらしいので、左、右と切り返していくちょうどよさそうなコーナーの動画を撮ってみようかと思いましたが、どうも切り返して二つ目で失速しないためには少し速度が必要っぽいということで諦めました。まあ、編集ソフトも無いし、動画編集の知識も無いので無理な話なんですけどね。

 と、ここのコーナーは両手離し…ハンドルを持たずに普通に進入して切り返せる(というか、オーリンズに変えてできるようになった、と言うべきか)わけですが、ハンドルを握ってないし、ハンドル(というか、トップブリッジ)を見てる暇がないのでよくわかりませんが、多分手離しでも微妙に逆操舵してるはずです。両手離し(ハンドルによる逆操舵無し)では、コーナーに普通には進入できないらしいですけれど、ちゃんと普通にライン取りしてるっぽい感じで切り返してます。

 意識して手でハンドルを切る、というので思い出すのが、NCの時に何度か書いた低重心のバイクを動かす方法。手で逆操舵を切る方法だとバイクが重く鈍くなってしまうというやつ。数学、物理の成績が壊滅的(でも生物系なので理数系)なので理屈はよくわかりませんが、バイクの構成の中で重心の位置をどう動かすか?を理解できていないと、単純に速く走れるかどうかはともかく、バイクがいつまで経っても上手くならなかったりしますし。

 まあ、実際はどうやっても動けばいいわけですが、リスク回避という意味でも、年とっても乗れる、たまに乗っても普通に山道走れるためには、リスクやハンドリングの一貫性の無さは少ない方に持っていきたいですしね。それよりなにより、いざという時の回避能力というものが、結構ばかにならない位大きな差が出たりしますから。

|

« S36E、写真撮ってたんだっけ | トップページ | ライパは革の上下でも大丈夫ですが、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆操舵しないと曲がれない?:

« S36E、写真撮ってたんだっけ | トップページ | ライパは革の上下でも大丈夫ですが、 »