« ちょっと遠くへ(遠くない) | トップページ | 痺れる体験は…、 »

2018年6月 9日 (土)

高速でも安心

 リアサスのオーリンズ、山道でも相変わらず好調。しっとりと落ち着いていて、フロントがバタバタしなくて楽ですね。アクセルの開閉で姿勢の変化、フロントの首振り、いろいろ気持ち悪かった部分が無くなると、やはり走っていても気持ちいいし、安心して走れます。段差でも、バイク立てなくても暴れないですし。

 高速に乗っても、やはりアクセルの開閉で姿勢変化が少ないためか、非常にフロントが落ち着いてるのがよろしいですね。いつもフラフラして怖かったのがうそのようです。特にアクセルを閉めたときのフロントの安定感はとてもうれしい。前はフロントがいやいやするような場面もありましたから、その状態で段差に乗ったりすると結構不安でしたしね。

 とはいえ、なぜか車体の安定感が増したとたんに、エンジンと足回り(タイヤ)の方が心配になって、恐る恐る流れに乗って帰ってきました。エンジンが壊れる不安(これはオイル交換してないせいでもある)は、そのノイズの大きさから。なので、用心して恐る恐る高速を走っていました。ETC付けてないし、バイクで乗るのはかな~り久しぶりですしね。

 タイヤがチューブだし、パンクこわい病(ボニーの時もなってましたが、スローじゃないパンクは怖い)も再発して、やっぱり高速は乗らなくてもいいか…と。相変わらずみんな車間距離をとらないし、どうみても回避できそうもない技量の人ばかりですから、瞬間的にフルブレーキしても結局死にますね。寄せて止まる間位空気が抜けないといいんですけど…。

|

« ちょっと遠くへ(遠くない) | トップページ | 痺れる体験は…、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153328/66792206

この記事へのトラックバック一覧です: 高速でも安心:

« ちょっと遠くへ(遠くない) | トップページ | 痺れる体験は…、 »