« 君に決めた! | トップページ | というわけで、 »

2018年6月16日 (土)

ライパと言えばジェットコースター

 うわぁ、もうライパまで一か月切ってるんですね(梅雨の晴れ間にオイル交換しないと・・・)。
 百聞は一見に如かず、ともいいますが、人の話を一万回聞くより、やはり体験してみると得るものが大きかったりしますよね。最近は昔ほど並ばないので、体験したことのない人はネモケンのジェットコースター、体験してみてはいかがでしょうか?原田さんがやりたいって言ってるみたいですが、ぜひ一度乗せてもらいたいものです。
 
 そんなジェットコースターですが、後ろのライダーは掴まるところがないので、以前はタンクを押すように両腕をタンクに付けてホールドしてましたが、今はネモケンに抱き着く形で、「体重かけちゃってもダイジョブですよ~」とは言われますが、さすがに大変そうですし、なによりその形だとちゃんとライディングを理解しがたい、というあたりは昨年ライパの後に書いた気もします。
 やはり、支える場所がないと、リアに乗ったライダーは振り回されるだけで、荷重の移動さえままならないというのは、体験してみてよくわかりました。そういう状態だからか、前より逆操舵もガッツリしていて、余計に(クイックに動かされるので)体が振り回されたり。一日中タンデムやるんですから、マモラのアレじゃないですが、簡易なタンデム用グリップを造ってもいいんじゃないかとも思いますね。まあ、ガッチリ固定するには、BMはカバーが多すぎるかもしれませんけど。
 
 ライダーとしては、コーナーではちゃんと荷重を移動したいし、バンクした状態ではタイヤの内側にいたいと思うのですが、どうしても体が置き去りにされるような感じで、結果的にリーンアウト的な中途半端な状態に置かれるのが、非常に落ち着かないです。なにより、慣れないとただ凄かったしかわからないんじゃないでしょうかね?
 
 前のようにタンクを押してると、フロントが突っ張って…というのもわからないでもないのですが、ターンインの時にスッとライダーに寄り添うように腕の力を抜いてフリーにしてやるというのは、まあ普段のライディングと変わらないわけで。ネモケンさんが突っ込み過ぎて、ハードにブレーキングし過ぎるのが難点…とは、本人には言えないですしねぇ(苦笑)。

|

« 君に決めた! | トップページ | というわけで、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153328/66821709

この記事へのトラックバック一覧です: ライパと言えばジェットコースター:

« 君に決めた! | トップページ | というわけで、 »