« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月30日 (木)

リラックス

 レースするわけでもないし、ホビーライダーの範囲であれば、やはり力の抜けたライディングは安全のためにもぜひ身につけたいところです。力の入ったライディングの方が頑張ってる感はありますが、必要な時に荷重のコントロールを細かく補正しながら乗るためには、瞬間的に自由に体が動かせる、というのが大事ですからね。荷重も抜けにくいし、バンク角が減るし(無理膝的には不利ですけど)。

 力を入れるのは、すごく簡単です。でも、いざ抜くとなると…結構難しいんですよね。ホールド、というのを意識しすぎても、リーンアウトになっちゃいますし、当然限界は低くなります。フロントタイヤに過大な荷重が載りがちになりますし。シート…というか、リアタイヤに適切に荷重する、加速時にきちんとリアタイヤの接地点内側に体重をのっけるためにも、柔軟性が大事です。もちろんアクセル開けてリアが滑ったりしたときにも、スッと滑らかに体を動かすために。

 リアブレーキをきちんと使うというのもリア荷重の意識を高めるのに役立ちますし、サイティングラップのすゝめの様に山道でラインにぴったり寄り添ってゆっくり走るのも、体の柔軟性、荷重のあり方を考えるのにはすごく役立ちます。あとはいかにハンドルの力を抜くか、だけの話になれば、凄く解決はシンプルです(ま、それからも難しいかもしれないけれど)。

 ブレーキングでハンドルに摑まらない、グリップをぎゅっと握らない、アクセルの閉じた位置を意識して設定する、ハンドルの角度を体を動かしやすい位置にする、あたりをよくよく考えて自分なりに答えを見つけてもらいたいですね。胸をイン側に向ける、イン側の腰を後ろに引くなんてのは、凄く結果が出やすいのですが、それが実は大きな罠だったりするので、できれば安易に頼らずに積み上げてもらいたいと思います(将来の安全のためにも)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

役に立たないライディング…

 写真はどれにするか悩みすぎてわけわからなくなってしまったので、しばらく時間をおいてから見直して注文することにしましょう。さて、相変わらず好き勝手書いてるライディングのコーナーです。どうしてか、コーナー進入でイン側に体を向けちゃう、イン側の腰を後ろに引けというライディングをSNSではよく見かけたりしますが、というあたり(また見かけたので)。

 ま、乗りやすいように乗れば良いということではあるのですが、発展性が無い袋小路へ向かうライディングは、一度身についてしまうと修正が非常に大変ということもあり、あくまで個人的にはですが、止めといた方がいいと思います。どうしてかみんな当たり前のテクニックの様に言うコメント欄がぶら下がってたりしますが、基本的にはごまかしのライディング(なんで今出来ないのか?ということをちゃんと考えないとね)でしかないですからね。

 ライディングで大事なのは、きちんと頭で考えること。どうしてできていないのか?というあたりを、ごまかさないで修正していかないと、いつかしっぺ返しを食らったりします。ターンインで上手くハンドルを切れないのは、ライダーが押さえてしまっているというのが一番大きい原因でしょう。ハンドルの角度、レバーの高さ、座る位置に体の使い方、どの辺がだめなのかなぁ?ってよく考えないとね。

 しつこくレバーの高さ、リアに乗る、リラックス、って言うのは、そのあたりが結構問題になるからで。サイティングラップのすゝめあたりも、非常に重要です。アクセル全閉時の手の角度、どこへ乗って動かすことで全身の力を入れずに動かせるのか?一度理解してしまえば、後はレバーの角度がどうだろうと、好みで選んでいけばいいわけで…というあたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

FXDR114

https://www.harley-davidson.com/us/en/motorcycles/2019/softail/fxdr-114.html?source_cd=social

 自分的にはファットボブの方が好きですが、これも楽しそうですね。とはいえ、ハーレーなんて買えないですけどね。サーキット走るビッグツイン、自分は昔からやりたいとは思ってましたが、最近公式でもそんな選択肢をつくってくれてるので、あまり大改造しなくていいのは嬉しいですね(好きな人は自分好みに改造したいだろうから、うれしくないんだろうけど)。

 しかしプロモーションビデオ見ると、テストライダー?さんが結構荒っぽいというか、バイクの特性のせいなのか、寝かせて曲がる方を重視した乗り方で、もう少し進入で大きく曲げた方がラインの自由度も増えていいんじゃないのだろうか…と思っちゃうんですが、どうなんでしょうね?

 かなりのホイールベースに見えますが、お尻もち上げてバンクに合わせてドシンと体重をかけて曲げるようにしないと曲がらない…という風にも見えないんですけどね。これもフォワードステップなので、あまり低いハンドルも合わない気がしますが、それでも低くて狭くて少したれ角のあるハンドルにして乗りたいなぁ。

 とはいえ、SR400乗っちゃうと、重いバイクは遠慮したくなる気持ちもだんだんと強くなりつつあり、やはり軽くて小さいバイクは良いよなぁ~、と普段は思っちゃいますね。でもこのバイクでもてぎのライパでSS追いかけたい(無理)というひねくれた楽しみを考えると、サーキット専用に…という本末転倒な宝くじ案件の候補には入れときましょうかね。ま、買ってないから当たりようがないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

写真、まだありました

Y1807163403 まだあった…。ほんと、写真少ない人申し訳ない。でも転倒脱落の一昨年、午前中リタイヤの去年は自分も少なかったから許して。というわけで、黄色ゼッケンで唯一走行した慣熟走行(一回走らないとクラス変更できないと言われて)一本目のピットのスタートの瞬間。こういう写真もいいですけど、2,500円だと…。昔の様に小さなサイズの写真も安く変えると、こういうのも欲しいですね。解像度10分の1位でいいんだけど。

Gu1807166340アンダーブリッジは別枠で写真がありました。うーん、黒グローブだからフリー走行ですが、一番の稼ぎどころのここからS字でこのやる気のなさは、おそらく前走者ありで様子見状態でしょうね。高速コーナーでも、慣れない人は結構ライン変えて怖いんですよね(おととしNC廃車にしてますし…)。

Gu1807166125 真面目に走ってると、ここは伏せてますしね。直線の様に完全に伏せてますが、130RではNCで転んだ教訓を生かして、伏せっぱなしでなく、きちんと体を起こしています。伏せたままだとラインの変更等に余裕が無いので。ライン外して縁石の上を走ってるのはご愛敬(苦笑)。

Gu1807166126で、ラストがそのすぐ後のこちら。うーん、あっという間に後ろのバイクが近づいてるんですが…。ま、すべてがのんびりでバンク角も無いSR400では250とも張り合えないのに、大排気量のSSでは。という現実の厳しさを噛み締めながら、でも、これが楽しくなかったわけじゃないというのがSR400を選んだ理由なわけで。

 そういう意味では、体力反射神経等の衰えを確実に実感する今日この頃、選択は間違ってなかったとハッキリと言えるでしょうね。CBR250Rにしてたら、フレームが良すぎて、もっとコーナーで頑張っちゃうだろうし。あ、130Rでフレームのヨレをあまり感じませんでしたが、フニャフニャのサスも影響があったんでしょうかね?ま、良く曲がるんで、あまりクイックに曲げようとしなかった、というのも影響あるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

さて、どれにしよう…

G1807165441前回買った写真と同じヘヤピンコーナーでしょうか?全開じゃないですが、アクセル開いて、重心を高くしてトラクションを旋回方向へ生かそうと…トラクションはそんなにかからないんでした。ま、無いよりましな感じですね。同様に、ここではまだあまり上半身を伏せずに、アクセル全開にするあたりでもっと伏せます。

G1807165447 ああ、コレ、個人的に好きですね。アクセル全開、フォワードステップ、リラックスした(ここで力が入ってたりすると、振られたり滑った時に対処が遅れます…そんなパワー無いけど)ライディング、って言い続けてたのがよく見えますね。ああ、うん、悩ましくなってきた。これにしようかなぁ…。

G1807165491 上の後みたいな感じですが、ちょっとこちらの方がリーンアウト気味。スピードは乗ってる感がありますが…。しかし、ずっとリーンウィズのつもりでしたが、一枚目もそうですが、結構ずらしてるのかな?とは言っても、こぶし一つ分くらいなんで、まあ誤差みたいなもんですかね。

G1807165622 お尻は動かさなくても、上半身はイン側に入れて、頭は頂点あたりがステアリングシャフトの延長上、みたいな感じがこうですかね。この時内腕の力が入ってるとリーンアウト傾向になりますし、フロントに乗ってる感が強く写真に出ちゃいます。まあ、リラックスして乗れれば、こんな感じですかね。

G1807165640 ラスト。同じ様ですが、こちらの方が頭がインに落ちてアクセルめいっぱい開けてる感がありますね。ま、それでも相変わらずクラッチ側は路面に平行近い力の入らない持ち方ですし、上半身は伏せてるというより、腹筋と背筋を少し緩めてるだけみたいな、緩める方で力入れてないってのがわかれば。ここに力が入ると、リアタイヤにしっかり荷重できなくなりますし。

 以上、結構多くて、悩みは尽きませんね。ヘヤピンは前回と被るから、いいなと言って2枚のどちらかでしょうね。お小遣いには限りがありますから、もっと良くて見て選ばないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

来ましたねぇ~

G1807165098写真を購入しますが、どれにするか…。今年はなんか多くないですかね…。あまり写ってない方がいたら、申し訳ないです。というわけで、とりあえず見ていきますか。どこで撮った写真かわかるといいんですけど、よくわかりませんね(苦笑)。番号順が時系列かわかりませんが、番号順に見てみようかな、と。

G1807165230_2 上も下もアクセル全開?上の方が頭を入れてバイクを起こし、真剣に加速してる感がありますが…。上半身も前に倒していますが、リアシートにどっしりと体重が乗ってる感、が…この小ささだとわかりませんね。2枚目はリラックスして、特に肩周りとか、首がリラックスしてる感が伝われば。

G1807165308 エディー・ローソン好きだし、ちょっとだけでも似てるかな?と思うと個人的に楽しいですね。これもリアタイヤにしっかりと乗って、ハンドルには手を添えてるだけ感が見えますかね?コントロールするのはリアタイヤで、フロントはその補正と従輪としての役割という明確な意識を持たないと、どうしてもフロントにしがみついたライディング写真になっちゃいますしね。

G1807165336 上と変わらない感じで、見た目こちらの方が遅そうですが、実際はスピード出てる感じでしょうか?さてこの中から一枚選ぶなら…一番目ですかね。アクセルめいっぱい開いてる感じ、そしてこのアングルの写真は今まで写ってたことない、ってのもポイント高めですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

ヤマハ×クシタニジャケット

Dju7cdhu0aaxr1q 3シーズンジャケットという言葉は死語の様な気もしますが、メッシュジャケット嫌いな自分にとっては夏は3シーズンジャケットの出番なのでしょうがないですね。というわけで、特売で購入したジャケットを連休におろしてみました。あれ、緩め買ったはずなのに、実際に着てバイクにまたがると腕が結構パンパンな感じですね。筋肉の欠片もないんですが・・。

Dju75cduyaaadne このように胸の前面にエアインテーク的な、内装メッシュのポケットが付いてます。結構入り口は大きく開くんですよね。でも、エアアウトレットが無いので、空気の流れてる感はあまりなかったりして…。春・秋用ジャケットなら、逆にこの程度の方が寒くないからいいのかな?生地自体もしっかりとして丈夫で風を通しませんが、逃げ場のない空気は腕の方に回ってきたりして。

 腕と言えば、パンパンと書きましたが、乗車して操作してなければきつくないけど余裕もない程度で。というわけで、脱ぐときにつなぎの様に腕に貼り付きます。正直脱ぎづらいですね。タイトなので停まると暑いしちょっと脱ごう、というときに引っかかって脱ぎづらい。入り口のきついアライヘルメットの様に、被ったら脱がなきゃいいじゃない、という割り切りも必要か。

 とはいえ、エアフローが無くて暑くて、腕が脱ぎづらいことを除けば、使い勝手は思ったほど悪くありません。でも、ジャストサイズだからとLLを買っていたら後悔しただろうという程度には、動くと余裕があまりない感じですね。見た目が作業服っぽくない?って疑問はバイク乗らない家族だから、というのが理由でしょう。…たぶん。

Dju9sfmvsaie2iq 背中側と前腕にファスナー式のエアアウトレット、インレットがあると、快適さが違う気もしますが、春・秋用ということでしょうがないでしょう。後はオプションで、クシタニショップで加工できますよ~、欲しければどうぞ、ということなのかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

そろそろかな

 ライディングパーティーの写真、予定ではそろそろ販売開始になるはず。とはいえ、今年はゆっくりだったうえ、ほぼ完全にリーンウィズで走ってた気もするので、地味でかっこ悪い写真を量産したんではないかと思っております。

 ちなみにいつもよくわからなくなるので、今年は慣熟走行は赤っぽいグローブで、フリー走行は黒いグローブで、と変えてみました。これで一目瞭然ですね。慣熟走行の方が良かったらどうしようかと…。

 う~ん、もう3週間も前のことで、すっかり記憶から抜け落ちてたりしますが、ボケの始まりなんでしょうか?山行った時もカギを忘れたり、シートバッグを落としかけたりと、非常に困った感じなのですが…さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

タペット音?

 エンジンのノイズが気になる今日この頃。タペット調整って、そんなに頻繁に必要なのだろうかね。グッツィは5,000キロごとにやってた様なきがする?もう10年以上前だから忘れちゃってるなぁ、悲しいけど。ゲージがあれば自分でも出来そうだけれど、さて、どうしたものか…。

 山の方へ行ったけど、白バイが走ってて会釈したら、なんだ?って顔で見られた。まあ、基本的には端っこをゆっくり走る以上のことはしてないので、あまり関係ないことではあるのだけれど。一台だけだったけど、今は2台ペアとかではないのですかね。

 というか、SR400、頑張っても非常に遅いので、頑張らないとゆっくり流してる感が、もうね。というわけで、ちょっとだけ開けても100キロ超えちゃうようなSSとは無縁というのは、なかなか悪くない環境。100キロ出てても、安定して何事もないバイクなんて、今の自分には面白さがわからないですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »