« ずっとモトGP観てないな | トップページ | ツイッターまとめ 続 〔加筆〕 »

2019年4月12日 (金)

ツイッターまとめ 〔追記〕

 ツイッターで管を巻いていたのの加筆転載。まあ、いつものです。

 バイクに乗るのに、背筋を伸ばすとか、顎を引くとか話してるのが聞こえるとつらくなる病。つい口を出したくなるけど、知らない人に言えないし、距離を取るのだ。まあ、自分だけが正しいと思ってるわけでもないけど、それやると下手になる傾向にはあると思う。

 ライダーに求められてるのは、バランスをいかに上手に丁寧に崩すか、とか、バイクに先行して体重・荷重移動できる頭脳的な俊敏さ、いざという時にバイクを邪魔せず、補正できる柔軟性。そこでは力業はマイナスになることの方が多いわけで。体だって必要以上の力を入れない方がいいに決まってます。

 顎を引くとか、腋をしめるとかいうのは、いつの時代から言っているのか...。そのころのバイクって、あれですからね。それに、背筋を伸ばさない=猫背、では全くないですよ〔バイク乗り界では、イン側ステップを踏みこむのを内足荷重というのと一緒で…猫背か伸ばすしかないことになってる〕。バイクを動かす基本?と考えれば、すぐわかりそうなもんなんですけどね。

 バイクの乗り方の世界は、日進月歩の世の中でいまだに昭和ですよね〔フォワードステップ、幅広アップハンドルのままで〕。どこかでブレークスルーが来てもよさそうなものですが、ライテク流行りでもあまり実りは無かったイメージ。バランスを勝手にとってくれる乗り物なんですから、邪魔しないのが一番で。

 なので、しめる、引く、伸ばす、とか、力を入れる方向でのライディングスタイルは、間違いと〔まで〕は言わないですが、基本の部分では「不要」と。ハンドルに力が入ってると曲がれないという初心者の頃の苦労、力を抜くだけがどれだけ難しいか、そしてそれに〔絶大な〕効果があるかはみんな知ってるはずですが…。

だから、バイク乗りに必要なのは忍野くん〔化物語〕。バイクが勝手に助かる(バランスをとる〔、安定させてくれる〕)だけ。ライダーがバランスをとる〔部分で加勢したり、減衰したりするため〕のにちょっと手を貸すだけが理想の状態、が基本で。マルケスだって完全に転んでるところから起きるには、バイクにちょっと手を貸してごまかして、バイク自身が起きてるだけだしね。

|

« ずっとモトGP観てないな | トップページ | ツイッターまとめ 続 〔加筆〕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ずっとモトGP観てないな | トップページ | ツイッターまとめ 続 〔加筆〕 »