« ラパイドネオって… | トップページ | Uターン »

2019年4月28日 (日)

なるべく安全に、

 そういう意識を持ってライディングをすることは大事ですよね~。それだって事故は避けられない(路面状況とか、もらい事故とか)のですから、車と違って鋼鉄に囲まれていないバイクは余計にね。最近ツイッターとかで事故とかのツイートが多い(若い子250SSとか)のは、それだけ事故が増えてるということでしょうしね。まあ、自重しないメーカーのレプリカ攻勢に前に文句も言いましたが、やっぱりこうなっちゃうのかなぁ…。

 ライディングのキモは、冷静で機械的な定量化されたコーナリング、です。機械が動いているのですから当たり前ですが、勢いとか度胸とか、なんの役に立ちません。パッションは大事ですが、それがただの勢いになってしまえば害悪です。それだけ定量化しても、路面状況、気温、風や周囲の車の状況、それを阻害する要素が大挙して押しかけてくるというのが公道のライディング。

 なんでサーキットが安全なのか?と言えば、路面状況、周囲の車がだいぶ整理されて、救急体制が整っているのだから、当たり前です。それだって年に何人…。常に自分の起こした一定のアクションでバイクが曲がる量は定量、これを実現するまでが初級編ということですね。そこを飛ばして上のことをやろうとするから、なんともならなくなって…ということが多いでしょう。

 などと堅苦しいことを言ってますが、世は交通安全週間。この機会にもう一度、スローペースで自分のライディングを見直してみてはいかがでしょうか?まあ、若い人に言っても聞かないですが、家庭のある年寄りはさらに大事なことですし、家族持ちの方が切実でありますので、事故ツイート多発の今に言っといてみます。

|

« ラパイドネオって… | トップページ | Uターン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラパイドネオって… | トップページ | Uターン »