« という流れで、しつこく | トップページ | たまにはお買い物 »

2019年5月 1日 (水)

もう一度Uターンへ戻る

 微妙なアクセル操作、自分は結構ノロノロ動く渋滞の後ろ付いて走ったりしてる時にゲーム感覚で楽しんでましたけどね。バイクをコントロールをする、ということを楽しめるってのは、単純にスピード出すより難しいことにチャレンジできるのが苦にならないということで、やはり人を選ぶでしょうけど。あと、試乗車乗るときとかも、動画程度の感じでクラッチをつないで、そのあとしばらくアイドリング+で走ると、重心とかバイクの動き方とか理解が早いですしね。

 Uターンでトラクションが一番大事!って書いときましたが、だれかチャレンジしたかなぁ?トラクションというのは、駆動力がタイヤで地面に伝わることで、これには正と逆がありますよね。トラクションコントロールという意味でも、きちんとクラッチをつないでコントロールできるようになるということは、大きなコーナーでも普通に役に立ちます。なによりリアタイヤの接地面を駆動力が動かす方へ集中すると、意識がフロントタイヤ寄りから、リアタイヤ寄りに移せる様になる…かもしれません。

 「逆ハンドルなんて必要無い」、というのは動画を見ての通りで、実はここを強調したくてアップしたってとこはあります。バイクの構造、動作をきちんと考えるということも乗れない時期、時間の楽しみと思える人向きかもしれませんが、シンプルに機械的(機械を動かすのだから当然)に、力を入れずに動かすことが出来るというのが初心者卒業という部分でもありますし。その先に、また力を入れていく場面が出てくるかもしれませんが、過程をとばすからわからなくなるんです。

 というわけで、たかがUターンですが、なかなかに奥が深いというか、コーナリングそのもののエキスも詰まってたりしますので、下手に峠道を走るよりも、コーナリングに対する理解が深まる…かもしれないです。ここを誤魔化すということは、大きなコーナーでもなにか誤魔化してしてることにつながりやすいですしね。というわけで、令和元年最初にギリギリ間に合わせの記事を書いてみました。…ええ、ゴールデンウイークやること無いんです…。

|

« という流れで、しつこく | トップページ | たまにはお買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« という流れで、しつこく | トップページ | たまにはお買い物 »