« 雑感 | トップページ | その他諸々 »

2019年7月18日 (木)

すっかり忘れていましたが

 今回、なんとトラクションというものを知りました。いや、使える様になりました。凄い、楽です。周りの人は「遅ぇ~~~!」と思ってたと思いますが、自分は「速ぇ~~~!」と思ってたり。恐ろしいギャップですね。今回は例の静電気防止系と、タペットカバー拡張だけでしたよね、たしか。吸排気系だけでは足りなかった下から押してくれる力が加わったのは、非常に頼もしいです。いつもの走りができないところを、かなりカバーしてくれました。しかし、これは内輪の話で、「周りから見たら何も変わらず遅い」というのが真実でありますけど。

Img_20190715_151412 Img_20190715_151407  ええと、見づらいですが、リアタイヤです。結構四角になってるのも、乗りにくかった原因ではないかと…。 ではなくて、タイヤが溶けてるじゃないですか。「なにを当たり前のことを?」いえ、去年までは、さらっとしたままで溶けることなんてなかったんです、はるかに高い路面温度の炎天下でも。溝の角もあまり減らないほどで、いかに今年はトラクションがかかっているかわかるんじゃないでしょうか。わからない?、はい、そうですね。このおかげで、立ち上がりを直線にする必要が少し減りました。つまり、普通っぽいラインでも、なんとかなると。

 そういうわけで、速い人が多くて交錯するラインの走りは危険すぎるので、そういうのは追い越し禁止のチェッカー後だけにして、割と普通にアウトインアウトのラインで。それが去年までは難しかったんです。だから楽だし、タイヤをこすりつけるだけの力もあるので速い(いや、周りと比べちゃだめです)と。だから、今年は転倒のリスクもかなり減っていて、そういう意味では精神的にも楽に走れました。いやぁ、最初はどうなるかと思いましたが、ちゃんとトラクションがかかるようになれば、なかなか楽しいじゃないですか。あとはライダーの体力づくりの走り込み…。

 皆さんパワーも数倍、トルクも数倍、ブレーキングパフォーマンスも倍以上(ABSも付いてる)のバイクに乗ってるんですから、本来ならコーナーとコーナーをつなぐ直線で十二分に抜けるはずです。ブレーキだって緩めにしてましたし。どうしてああいう抜き方になってしまうのかなぁ?と考えると、ちゃんとバイクを使えてないのかな?と。たいへん言いづらいのですが、26馬力、ですからね、SR400。140キロチョイで回転上限(アクセル戻すしかない)です。ちょっと自分のバイクの出力を見てほしい、と思ってしまいます(だからギリギリを行くのは、わざとやってるとしか思えないのよね)。他に理由があるんですかね?

追記:今回はちゃんとステッカーもらえました(一応、ご報告だけ)

|

« 雑感 | トップページ | その他諸々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑感 | トップページ | その他諸々 »