« その他諸々 | トップページ | 余計なこと言った割に、言葉が足りない »

2019年7月22日 (月)

慣らしって、意外と効いたり、効かなかったり

 (ライパの記事が間に挟まって今更ですが)だいぶ前にちらっと書いた気がするけれど、なんでこんなに慣らし慣らしというか?と言えば、やはりやると結構違うよね、という出来事があったからで。グッツィスポルトジングウシさん一度だけグッツィを車検に出したことがあるんだけど、代車を貸してくれて、乗りたかったトライアンフのトリプルで嬉しかったんですよね。じっくり乗れる!って。でも、ミッションは入りにくい、引っかかる、抜ける、エンジンはどうも上が綺麗に回らないみたいな感じで、不特定多数に貸す代車はしょうがないよね…と。

 とはいえ、せっかくだから往復300キロはあるし、矯正できないかな?その方が落胆したまま乗るより楽しいかな?ということで、なんどか書いてる500キロまでの低回転慣らしが済んだ後の、高速道路の高回転慣らしをしながら帰ったわけですよ。それこそ、新車だと思って。ミッションもきちんとタイミングを合わせて、ショックを出さない様に滑らかにチェンジしながら。トライデント900にカウルを付けたスプリントだったかな?カウル付きだったので、楽だったし。

 借り物壊さない様に、往復しか乗らなかったんだけど、復路の途中辺りからエンジンも綺麗に吹けるようになってきて。ミッションもひっかりがほとんど感じない程度まで回復して。いやぁ、変わるもんだ、回復するもんだ、と自分でも驚いたけどね。ほとんどの区間高速走ってるのに、とにかくシフトチェンジしまくった甲斐もあったというもので。というか、自分の高速慣らしはシフトチェンジしまくりが基本なのですよね。エンジンが回るようになれば、バイク自体の感触も大きく変わるのがまた不思議です。

 そんなこともあって、今のバイクは慣らし要らない、雑に扱っても大丈夫って人が結構いるけど、やっぱり慣らしは大事よね、と言い続けるわけです。荒れたバイクですらも結構回復するってわかったのも、面白かったし。ちなみにそれ以前から、自分は中古車買った時もきちんと新車と同じ慣らしをしてたんだけど、それは良いことだったとわかったのも収穫でした。というわけで、相変わらずですが、慣らしは大事よね、と言い続けるわけですよ、年寄りは何もわかってない…なんて言われながらも。

|

« その他諸々 | トップページ | 余計なこと言った割に、言葉が足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その他諸々 | トップページ | 余計なこと言った割に、言葉が足りない »