« スミマセン…まだあります…(ライパ写真、公開) | トップページ | オーリンズ在庫処分 »

2019年9月10日 (火)

そういえば…

 なんかSR400のブレーキ、フロントだけパッドが無かったんですけど…。5000キロも走ってないのにね。とはいえ、もてぎサーキットのライパ、三回参加してますけどね。二回目はほとんど乗りませんでしたけど…リアサス抜けて、怖くて。自分のイメージでは結構リアも強くかけてる感じなのですが、リアはほとんど減ってない感じです。まあ、ロックしない程度に、と考えると、あまりギュッとは踏めないですしね。

 意外とハードブレーキングより、強めに長くかける方がブレーキの消耗的には良くないのかもしれないですね。じゃないと、理由がわかりませんし。純正のブレーキは、結構タッチが気に入ってるし、十分に制動力もありますから、変更する理由はないです。ということで、もうほとんどベースだけになってたフロントブレーキは、車検時に純正の新品への交換をお願いしました。うーん、車重も軽いのに、気になりますね。あ、ライダーが重すぎるから?

 ストレートエンドでもハードにブレーキングしないのは、フロントサスの限界というのももちろんありますけれど、基本的に失ったエネルギーを回復する手段がない、速度を落とし過ぎると加速しないバイクでは遅いまま、というのが一番の理由です。となると、せいぜい140キロしか出ないSR400で、フルブレーキなんて必要な場面はわずか、ということですね。それに、車体姿勢を出来るだけ動かしたくないという、サスペンションに優しく、挙動を乱さないライディングを心がけてるというのも理由の一つですか。

 かけ始めから、フロントサスの縮みスピードとリアサスの伸びスピードの違いを吸収するようなかけ方にしてますし、車体全体を下に沈めるようなライディングを心がけてますし。高性能リアサスと、低性能(失礼)フロントサスの作動をシンクロさせるのは、ライダーの仕事ですからね。そうしてやれば、特にフロントはコーナーでの動きに不満もなく、実際振られたり、暴れたりなんてのは、3回のもてぎライパで一度もないですし。あ、130Rのギャップ?継ぎ目でゆらゆらするのは、別に危なくもなんともないので、除外です。これはフレームも関係しますしね。

 でも、そうか、思い出したらボンネビルもフロントブレーキだけ無くなってましたね。NCは最後に見た時にはそんなに減った感じではなかったと思いますし、リア(と言うより前後連動ブレーキ)主体に乗ってたグッツィもそうではなかった気が。うーん、この辺のクラシック系のフレームと関係あるのかな?

|

« スミマセン…まだあります…(ライパ写真、公開) | トップページ | オーリンズ在庫処分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スミマセン…まだあります…(ライパ写真、公開) | トップページ | オーリンズ在庫処分 »