« 闘うライテク(苦笑) | トップページ | 定説と、感想 »

2019年9月18日 (水)

そういえば、

 最近、一時の様にOGK…というか、KABUTOでしたね今は、をたくさん見かけることが減った様な?気のせいというか、タイミングもあるのかもしれませんが、もっと安い無名系のヘルメットを見る機会が増えましたかね。不景気ということもあるのでしょうが、さすがにリッターSS、600SSでそういうホームセンターメットみたいなのを見ると、ちょっと…だいぶ怖いですね。ちょっと元気に走るだけでエネルギーが猛烈なことになるバイクで、本人は怖くないのかな?

 というか、一時の様なヘルメットとか、装備の安全性に関する興味が失われつつあるような印象も受けます。アライも丸いことを強調することに忙しく、昔の様なダメージヘルメットの広告とかも見かけないですしね。ジャケットやパンツも含めて、若い子は見た目重視な感じなのかな?もっと気にしない若い子や中年は短パン、半そでなんてのも、この夏は多く見かけた気がします(例年より乗る時間が多かっただけかも)。転んだことなんでしょうね、きっと。それか、不死身系か。

 まあ、繊維の質、表面強度の重要性とか、装備品ではアピールが無くなってますしね。胸部プロテクターとかだけは、やたらとアピールが目立ちますが、公道では使い勝手が悪すぎることもあって、あまり使ってる人は多くないように感じられます。まあ、夏場だからというのもあるのかもしれないですけどね。意外とブーツだけは、ちゃんと履いてる人も多いですね。グローブは…してない人もわりと見かけますが、転ばなくてもあれ跳ね石とか当たったら結構大ダメージですし、そもそも操作がしづらくないんでしょうか?不思議です。

 まあ、そんなこと言いながら、自分もジャケットは割と普通の使うこともありますし、ジーパンのことも結構ありますね。山の方へ行くときはライディングジャケットと革パンツ(主にカントリージーンズ…パッド類の無い大昔の)が基本ですが、街乗りでライパで使ってる革の上下を着ることはまず無いというか、それは危険な精神状態なのでダメですね。ヘルメットはジェットやシステムを考えたことは数えきれないほどですが、そのたびに「いや、いや、」と思い直してフルフェイス買ってますね。そうそう、ガエルネのタフギア、そこがはがれたのを接着剤で貼ってたの、またはがれちゃって不便ですが、スニーカーとかでは怖くて乗れないですね。

|

« 闘うライテク(苦笑) | トップページ | 定説と、感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘うライテク(苦笑) | トップページ | 定説と、感想 »