« マルケスのライディングについて、雑感 | トップページ | ちょっとハーレーも見てきた »

2019年10月30日 (水)

できるのかな?

 ヤマハの3輪車、トリシティは2度モニターに落ちちゃいましたし、ナイケンは試乗会で乗ることも出来なかったので実際のところはわかりませんが、個人的にはリア乗りの練習にもいいんじゃないかと思ってました。まあ、乗ったことが無いのに適当なことを書けないと思って書きませんでしたが、試乗する機会はやっぱりその後も無いし、ネタもないので拾っておこうかと。フロントに不安を感じる人が、その回復のために役に立つのか知りたい、というのは前書きましたね。

 それより積極的なライディングの練習と言うか、確認みたいなものでしょうか。意外と、ヤマハの広告もそうですが、ナイケンのライディング写真を見ると、みんな普通のバイクみたいにフロントタイヤ依存と言うか、不安の裏返しの過荷重(そもそもバイクのフロントも超ヘビー)と言うか、普通のバイクと同じように乗ってる人が多い気がします(見てる写真が多いわけでもないので、気のせいかもしれませんが)。ちょっと位では滑らない、滑っても一気に倒れることが少ないという3輪車のメリットを、全然生かしていない気がします。

 ハンドリングや、フロントの応答性でそういう乗り方になってしまうのかも?という疑問があったので書きませんでしたが、もしできるなら、リア一輪車的な、フロントを投げ出した(と言うと語弊がありますが)ライディングを試してみるといいかもしれません。フロントが滑るかも…という恐怖がほとんど無い分、きちんとリアでバイクをコントロールするという基本を学べるかもしれないですしね。この投げ出すという表現は間違いなんですが、イメージとしては、内側に転がる様に回り込むフロントタイヤを行く方向に勝手に行かせる…内側に勝手に放り込まれるのを邪魔しない…という感じでしょうかね。

 山道を攻めてみたい、と言ってたのがこの部分で、フロントに荷重をかけないと怖くて乗れない、曲がるとは思えない、そういう思い込みの解消に役立つのではないかなぁ?と。ライディングを変えるというのは怖いし、体に馴染んだものを修正するのも大変ですし、乗り換えてフロントがまた一輪になったら…というのもわかります。わかりますが、それでも、感覚として過荷重の必要性の無さとか、フロントが回り込む感覚の体得とか、得られることも多いんじゃないかと…。

 とはいえ、やはり試乗したことが無いので、ホントに出来るかどうかは知りませんけどね(無責任)。ライパで貸してくれる人がいたら(そして壊しても文句言わないなら)、ちょっと思いきり走って検証してみたい、と思ったりもしますが、楽しさならハーレーで無理する方が楽しそうですね。速さを求めるのは、レーサーの方にお任せしますし。

|

« マルケスのライディングについて、雑感 | トップページ | ちょっとハーレーも見てきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルケスのライディングについて、雑感 | トップページ | ちょっとハーレーも見てきた »