« フロントはバランスを取る | トップページ | アクセス数はほぼ無いんで、続きは書かなくてもいい気はしますが、 »

2019年11月29日 (金)

怖い、の向こう側(とはいえ、無理は禁物)

 というわけで、リアステアとセルフステアの関係がわかったところで、バイクのコントロール的に重要なのが、一番がリアタイヤの取り扱いという事になるわけですね。特殊な状況、乗り方の人に何かを言うつもりも無いので、基本的な話です。フロントの接地感という曖昧なものに頼りたくなるのもわかりますが(倒れるのは、自分も怖い)、でも、そこを超えていかないと安全に乗れないという、まあなんともわかりにくい構造。フロントブレーキは怖いからかけたくない、けど上手に使えないと速くは走れない、という辺りと同じ構造ですね。

 不安だから、怖いから、と拒否してしまうのは簡単ですが、リスクを負わない範囲で少しづつ、テクニカルな部分のレベルアップをしていきたいものです。接地感というと、抵抗のある状態、負荷のかかった状態の方ががわかりやすいです。つまり、危険に近づいてるほうが、接地してる感覚がしっかりして安心感(?)があるという、また困った構造上の問題が。安定感を求めていつのまにかリーンアウトになったりするのも、わりとフロントに荷重をかける、しかし荷重の方向が最適でない状態にする状況だったりしますね。

 とはいえ、ですよ。やっぱりフロントの存在感がふっと無くなるというのは、やっぱり怖いですよね。どうしてこういう乗り方ができるようになったんだっけ?自分でもわからないことは、説明のしようがないですね。そのままスルッとフロントが抜ける、なんてことはほぼ無いですが、これもフロントタイヤの切れて安定した瞬間に適切な方向に、そっと荷重…というか、自然にバイクの重みが載る様にしてやらないといけないわけで。そのためには、ライダーがマシンのセンターにいて、倒れ終わったときにタイヤの接地点を(低い斜め上の方向から)真横の方に押す位置にいなければならない…。

 うーん、文章にすると意味不明な言葉にしかならないですね。感覚じゃないんですよ。きちんと理論的に考えればわかることだけで構成されているんです。まあ、物理学(ウルトラ超苦手)の範囲を超えないわけですから、構造と動きを考えれば、わかるんだろうとは思うんですよ。そのためにはフロントをあまり固めない方がいいし(特に軽量級において)、マシンのセッティングはリアサスから始めないといけない、と。動きの起点がリアならば、その動きをまず決めて、その設定に応じて可能な限り動く方向でフロントサスが仕事するというのが無理せず走る範囲では有効だと思います。リアサスの伸び側設定でフロントの沈み込みが変化してしまいますから、前を固めるのは、リアの動きを決めてからというのはわかりますでしょう?

|

« フロントはバランスを取る | トップページ | アクセス数はほぼ無いんで、続きは書かなくてもいい気はしますが、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロントはバランスを取る | トップページ | アクセス数はほぼ無いんで、続きは書かなくてもいい気はしますが、 »