2016年6月25日 (土)

ペリカンロード

 言わずと知れた?ペリカンロード(アマゾンアフィ)。キンドル版が出てるんですね。たしか自分が高校生の頃始まった漫画で、大学時代に終わったんじゃなかったかな?こんなバイク漫画が10数巻も続くなんて、良い時代でしたね。免許を持たない自分はひとりバイクを乗り始める主人公に感情移入出来て、ヤチさんもカッコ良くみえたりして、主人公が雲の上存在的なバイク漫画とはちょっと違う感じで好きでしたね。

 もちろん暴走族(とはちょっと違う?対比的に旧態な暴走族も出てくる…というか、この時代でも残ってるのがビックリだよ)や抗争なんかが中心の話なので、そういうのは苦手ですが、それでも楽しく完結まで読ませていただきました。こけたら擦りキズだらけで風呂入れなかったり、大きいバイク買ったら顎を削らない様にフルフェイスに変えろと言われたり、押しがけ、切れたケーブルの誤魔化し方、ネット時代じゃない世の中では、色々教えられた漫画でもありますね。

 80年代後半という、まさにバイクブームの真っ最中だけに、有名どころのバイクが多く登場するし、2スト全盛。そんな中で主人公のバイクが、MBX50、MVX250F、フルカバードCBR400Rという、地味にマイナーな機種なのが、非常に主人公にあってたりして、逆に印象に残りましたね。実際MVX250は、もうちょっとで買うかもしれませんでしたしね。

 引っ越しでキャンプ編以降はロストしてしまいましたが、まあ、ここまであればいいか…ということで、当時買ったコミックスは今でも読み返しています。だいぶ褐変(黄色じゃなくて茶色になっちゃってる)してるし、表紙は色が薄くなってますが、まだまだ現役。取り出しやすいとこにいつでも入っています。ちょっとパラパラ、というのには、やはり電子は苦手なんですよね。(初心者が育っていく過程、あこがれのカッコイイ人というのが良かったので、2はちょっと苦手です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

ジャジャ

 漫画、けっこうスキです。ジャンプ世代ですから、一生抜けないのかもしれません、この性質は。

18r  バイク漫画といえば、バリバリ伝説。と言いたいところですが、見ていませんでした。あいつとララバイ、も見ていませんでした。あまり若い頃はバイクの漫画は見ていなかったような気がします。例外がRDが主役の短期連載の漫画で、いつのだかわからない18Rの鷹(よく見たらエヴァンゲリオンの人?)。高校のときかな?チャンピオンで4回やったものを、忘れられずにとってあります。内容はまあ、無いんですけど、当時スキ(今でも欲しいかも)だったRD400とかagvとか、つぼにはまったんでしょうね。

 そういえば、ペリカンロードは見てました。ていうか、押入れに入ってるはずです。二人鷹はいとこが見ていたので借りて見ていましたが、新谷かおるといえば戦争モノとかファントム無頼のようなほうがスキでした。う~ん、話が通じているか心配になってきました。わからない人には全くわからないでしょうね。

 意外とバイク漫画は少ないですから、良いもの、好みに合うものは少ないですよね。最近ではCB感とかキリンとかはちょっと見ただけで終わってしまいましたし、ペリカン2は酷かったし、ジャジャくらいしか見ていないのですが、何かバイクモノってあるんでしょうか?

 ジャジャはイタリアの旧いバイクが中心で、ストーリーはあれですが、それなりに楽しませてもらっています。実は旧いバイクには興味があるんですが、なかなかこれが金食い虫で、結局いまのルマンを維持したほうが安い、なんていう結果になる可能性も否定できないのが怖いところ。

 というわけで、旧いバイクは写真や漫画を見て楽しむくらいが一番幸せなんじゃないかな、とも思うわけで、そういう意味でもこの辺の内容はいまの自分的には大いにアリなわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)