2014年9月 8日 (月)

ライパの動画です

https://vimeo.com/105015918

 パスは1111。まあしょうがないですね。恥ずかしいけどちょっとだけ見てみましょう。緑の15、目の前のバイクです。フリー走行ですが、1周目は追い越し禁止で、これはその部分の映像です。どうです最終コーナー立ち上がってからのこのぶっちぎられ方!気持ちいい位なもんですよ、実際走っていても。目の前のバイクが点になってしまいますし。伏せてないですが、これでしっかり全開フル加速ですからね!

 しかし、やはりストレートで100キロ近い差があると、抜かれる時にも気を使いますけどね。ボンネビルの時からミラーには透明なテープを持参して貼りつけていますが、コーナー進入でもやはり後ろから迫る音がある時には注意してます。結構ラインが違う場合もありますしね。今回も映像の最後の1コーナー、一人だけ違うとこ走ってますし…。

 今回は尻も移動しない完全なリーンウィズで走っているみたいなのでそれもありますが、遠目にはなんだかホントに体が動いていないですね。1週目は特に、進入でどうせ詰まってしまうので、真剣に走れるわけじゃないですから、ライディングの見直しというか、柔軟に色々な走りをしている事が多いです。集団の最後尾の場合、ラインも全く変えてみたりとか。

 いやしかし、写りの良い写真を選んで載せるのと違って、ず~っと写ってるのは言い訳できないですね。できれば追い越し禁止じゃない部分が見てみたいものですが、しょっちゅう失敗してるのがバッチリ写っちゃうのも、それはそれで嫌な感じですしねぇ。まあ次回までによ~く見直しておいて、色々と自分に課題をつくっておくことにしましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

モトGP

 まあ、いまさらな感じですが、テレビではイマイチ盛り上がりに欠けた感のあるレース、こういうのは実際に現地で見たかったですね。あげてしまった招待券で行った人は、指定席の自分の周りはガラガラだった(つまり招待券で来た人はすごく少ないらしいということ)と言っていましたが、そういう人たちにも来てもらえるイベントに育つといいんですけどね。

 普通の観戦者は結構多かったようで、渋滞がひどくて困ったと言っていました。そろそろ道路の整備を考えてもらわないと、来場者数は頭打ちになってしまうような気もしますが、そのくらいの事は考えているのでしょうね、多分。それよりも今年から、二輪車が有料になってしまったのが残念。有料ならもっとゆったりと、巨大ツアラーが荷解きするのに困らない程度のスペースは用意してもらいたいものです。

 それにしてもかつての日本人の活躍していた時代と違い、今はすっかり元気がないのは残念ですね。景気の悪さが高コストのロードレースの入り口を狭め、かつての様な才能のある人材の発掘が難しいということがあるのかもしれませんね。もう少し入り口のレースの低コスト化ができると良いんでしょうけど。一年間エンジンを開けてはいけないとか(壊したら年間タイトル多少外で、大事に乗れという…)、タイヤは交換不可で1レース期間それを使うとか(交換したらポイントなし、使い方が肝心ですしね)、変態ルールも入門クラスには必要かも。

 それ以前にバイクに乗ろうという若者が、みんなスクーターに流れてしまうというような流れがもう少し何とかなるといいんですけどね。スクーターでも、ヨーロッパの様に、レースできるスクーターもつくってくれると、個人的には嬉しいような感じではありますが(なぜか通勤用に、ですが)。バイクメーカー自体が閉塞感、やる気の無さをあきらかにしている様な現状では、なかなか難しいのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

テレビ観戦(予定)

 今週末は、待ちに待ったもてぎのモトGP。ではありますが、どうやら家でビデオ鑑賞になりそうです。実は招待券を貰ったりしたのですが(指定席)、9月の2回の連休はほとんど会社にいたりして、自分のバイクに乗る時間も、ゆっくりと惰眠を貪る時間も、子供と遊ぶ時間も無かったので、そういうものに当てたいと思い、人にあげてしまいました。

 モトGP、もう少し(と言うか、だいぶ)音が小さくなれば子供を連れて行きたいのですが、今の音量ではなかなか家族を連れて行くのは気が引けます。それでもわが家はバイクに理解があるほうですが、自分でもうるさ過ぎ!!と思うあの音に連れて行くのは、マイナスイメージになりそうで怖いのですよ。

 そういうわけで、せっかくのチケットも使えませんでしたが、その分ボニーに乗ってやろうと思っています。山へ行くか、海へ行くか。トラ宇都宮に50周年ボニーが入荷しているようなので、それの見学も良いかなぁ~。早起きできれば(絶対出来ないけれど…)あちこち行けそうですが、多分眠気に負けて、ぐるっとその辺を走る位でしょうねぇ。

 とりあえずタイヤのエアだけは見ておいたのですが、リアは1.2、フロントは1.8でした。リア抜けすぎなのはピンホールでもあるのでしょうか?フロントは思ったより入ってますしねぇ。ざっと見た感じ、何も刺さったような後もないし、このくらいは許容範囲?まだまだ残っているタイヤですが、交換するときにはリアのチューブも変えたほうが良いのでしょうね。

 一年で一番好きな季節ですし、もう少し乗ってやりたいのですが、どうもこのところ乗る時間が取れなくてストレスを感じます。普段使いのスクーターの調子も悪くて車で移動しているのも原因かも。たまに乗ったときに、ちょっと人に言えない走りにならない様に、十分に注意しないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

久々にF1を観た、けど

 風邪ひき中などと書きましたが、その一時間後にひどい頭痛と吐気に襲われる事になろうとは…。朝のうち病院へ行ってもらっておいた強い薬があって助かりました。会社の帰りのバイクがフラフラしてしまうほど、というのも久しぶりです。

 というわけで、寝たきりの日曜日でしたが、食事に起きた時にやっていたF1を見る事ができました。ここ何年もダイジェストすらろくに見ていないF1ですが、久々に見ても、あまり変わらないような…。もちろんあの悪天候の中での番狂わせ(バイクほど劇的でないのは、やはりマシンの差がそれほどまでに大きいということか?)などもありましたが、ウ~ン面白いかなぁ?

 富士が天候に弱いサーキットだと知っていながら(80年代のバイクレースは酷かったよね)、この季節に開催するというのも…。霧と雨、おそらく結構な寒さに新聞で見た渋滞。首都圏開催ということで安易に行かれた方は、二度と行かない!と思われたのではないでしょうか。自分の知ってるF1ファンは、今回は誰も行かなかったようです(怖れて、でも正解でしたね)。

 映像で見てるだけでも視界が無くて恐ろしいストレート(直線上で止まっていても見えないのに300キロですよ!)、救急ヘリも飛べないような霧で、もし何事かあったら…。ボイコットせずに走るほうも凄いですよね。バイクなら間違いなくキャンセル(特に安全にうるさいモトGPなら、ってF1は安全基準が緩いのかな?)の状況で、フジは場内に病院でも抱えてるのかと思ってしまいました。

 ぎりぎりの線で戦えるのは、ぎりぎりまでつめた安全対策あってのもの、という気がするのですが、現代のF1は違うようです。興行的には、アレだけの人を集めてスタートできないという不祥事(と開催会社は判断したのでしょう)を起こしてしまうわけにはいかない、という部分が透けて見えていたような気がしますが、ま、気のせいでしょう。

 せめて来年以降にこのような事態を引き起こさないように、なんとか頑張ってもらいたいものです。でも、フジの霧って、年中無休だったような気がするのですけれど、春にやれば少しは違うのかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

もうすぐ、もてぎ

  今日の読売新聞夕刊を見たら、なんとモトGP(世界二輪選手権だっけ?)の最高峰クラスに出場中の中野真矢選手の記事(参照)が!

 しかも真ん中の見開きですから、けっこうインパクトがあります。今年は成績が上がらないで、来期の参戦は難しいのでは…とささやかれていますが、この記事に対する一般人のホンダへの反響とか、もてぎでの大活躍があれば、もしかして追い風になるのでは?と期待してしまいますね。

 スポンサーのコニカミノルタも大きく露出できましたし、これを契機に他のメディアにも取り上げられるといいんですけどね。もっとも、成績がこのままでは“問題外”ではあるのですから、あとは本人の頑張り次第といったところなのでしょうが。

 国内ではいまひとつ人気の盛り上がらないモトGPですが、海外(欧州)ではF1並に人気のあるスポーツですし、今年は微妙ですが、日本の4メーカーがしのぎを削る舞台のわりに、ちっとも盛り上げようという気が無いというのはどうしたことなんでしょう?と思ってしまいますね。23日には栃木県もてぎサーキットで年に一度のモトGPが開催されますので(水戸から近いし)、興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 ちなみに、轟音(自分はもっと静かにして貰いたい派、です)ですので、耳栓をお持ちになったほうが良いかもしれません。って書くと、誰も行ってくれないだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)