2018年10月22日 (月)

わ、忘れた!

https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2018-10-10/index.html

 SR400リコール!って言っても、増し締めだけで済みそうなアレ。手紙が来てたので、モトラッド水戸(BMW屋さん)へ相談に。見た感じオイル漏れてなさそうだから、増し締めだけで済みそうで。肩身が狭いところに、余計な手間をかけさせないでよかった。漏れてるとホースとかワッシャーとか交換なんだっけ?(ちゃんと手紙みてない)

 というわけで、バイク屋でちょっと静電気防止スプレーぶっかけて、帰りに様子見てみようと思ってスプレーをバッグに入れておいたのに、コーヒー頂いて帰るまでにすっかり失念してたという…。帰ってきて、バッグを下ろしてる時に、忘れてたのに気が付いたよ…。ま、次回リコールの時にでも。

 スムースドライブシステムの方は、やはり上の回転が伸びる感(実際は詰まってない感程度なんだけど)があるので、ついつい回してしまう危険なバイクに。低回転でトコトコ乗ってはいるのですが、開ける機会があると、ついつい上の方まで回してしまう。とはいえ、メーター見ても60キロしか出ていない安全設計?

 これは、もてぎに行く前にやっとくべきでしたね。遅さは変わらなくても、自分が気持ちよく走ることはできただろうなぁ。2,500円のパーツなのに…というか、だからか、ちょっと躊躇してしまったのが、ダメでしたね。エンジン添加剤でオカルティックというか、プラシーボ効果の大事さはわかってるつもりだったのに、まだまだですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

ユーチューブ見てたら

http://www.youtube.com/watch?v=e6I_lKEEfO0&feature=youtu.be

 ユーチューブ、Spaってベルギーのスパですよね。あの直線のやたら長いサーキットでクラシックバイクって、どんないじめ?耐久テスト?って思っちゃいますけど、走ってるバイクがバイクですから、もてぎのビデオ見てるより見るところは多いですね。

 しかし、新しいバイクも一緒なのか、直線のあのスピード差とか、コーナー迫るとググッと近づいてくるとか、普段見慣れた光景も。直線でスピード差がありすぎるバイクって、見てるだけでもやっぱり怖いですね。ブンッて音で一瞬で抜かれますからね。いつまでたっても慣れないです。

 まあ、そういうわけでいつもミラーには透明なテープを持っていって貼ってるわけですけどね。なるべく邪魔しない様に。走行ラインも違いますから、高速で迫ってくる人はできるだけやり過ごす方向で。まあ、でもよく考えてみるともてぎも結構な高速車向けサーキットですしね。やってる事はおんなじか。

 つくばサーキットの様にグルグルでも加速力勝負になってしまう(なによりバンク角が少ないのは厳しいし)し、そう考えるともてぎや菅生の方がまだ走りやすいしなぁ。長い直線なら端をユックリ目に走ればどんどん抜いてくれますしね。つくばだと抜いてもらって車間調整するのも大変ですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

「わんおふ」

 買っちゃいました“わんおふ”。バイクが出てくる、女子高生アニメ。地元貢献ということを考えれば、大洗町が舞台の“ガルパン”を買うべき(売上によっては2期作成も?)だったのでしょうが、地域愛よりバイク愛…まあ、ガルパンはかなりの人気なので問題なかろう、という判断ですね。

 まあ、買っただけで見ていない(1話の無料公開は見た‐内容確認のため)のですけどね。バイク関連の商品が売れて、薄く広くでも2輪車人口が増える事が好ましいと思いつつ、近年の混合交通のあまりの無秩序さに危ないから乗らない方が良いのでは…という思いもあったりで、正直複雑ではあります。

 まあでも、やはり近くに2輪車がある環境があれば、そこに興味を持つ人も出てくるということで、数が多く出てくると中古も安く見つかるし、メーカーも新車を投入しやすいという、正の循環がおきるのも確か。今の負の循環をどこかで断ち切れないと、バイクに乗る若者が増えてくるということもないでしょうしね。

 そういう意味ではアニメや漫画とはいえ、やはり装備はきちんと描いてほしいな、という気持ちがあります。バイクで事故っておおごとになった人が近くにいると、プラスが超特大のマイナスに転化してしまいますからね。まあ、自分が乗り始めたのが20歳過ぎというのも、それが一番大きな原因だったり…。(ちょっと帽体大きいけど、アライのS-70にキジマのワンタッチクリップで通販13,000円を切る位で、バブルシールドとステッカー代で15,000円プラス、フリーサイズのカワイイのの倍ですねぇ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

スター・トレック

 バイクとは関係ないけれど、ようやく見ることができたのでありました(観客は7人)。実は上映期間は今日まで。しかも今は全国的に朝一かレイトショーのみ、というところがほとんどの様なので、見逃した人はDVDでどうぞ、という事になりますね。

 しかし、昔はあんなに通った映画館ですが、最近ではほとんど行かなくなってしまいました。見たい映画が減った(田舎には来ない映画が多い)というのが理由の一つですが、最近は小さい劇場が増えて“こんなものまでやるんだ”というのもありますから、年をとって面倒になっただけと考えるのが正しい様な気もしてきました…。

 映画自体は期待以上!かつてのテレビ・オリジナル・シリーズのファンの自分にも十分以上楽しめる作品に仕上がっていました。マニア(重箱の…タイプが多い)の多いトレッキーにも配慮してか、平行世界設定(今のところ)で来ましたが、それでいいと思います。こんなんじゃダメ!なんていうより、新しいスタートレックが続く方が、自分は嬉しいです。

 それにしてもトレッキーというやつは正史というのにこだわりますが、そもそもスタートレックの正史自体が後付けだったり(整合性のない事象も多いよね)、周辺の細かい設定はファン発のものがあったりと、いまだに最初の作品の続編をつくっているようなスタートレック・ラヴァーによって成り立ってきたものなんですから、もっとおおらかに構えて欲しいものです。平行世界自体を許容している設定でもありますし、そんな細かい事気にしているよりは、人類未踏の地へどこまでもつきすすみましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

水戸は一軒しか上映しないけど

 世界最速のインディアン、久しぶりに映画館で見たい映画です。はたしてバイクの走行シーンがどのくらいあるのかはわかりませんが、大画面、高音質で見て見たいものです。

 ちなみに『バート・マンロー、スピードの神に恋した男』も買ってしまいました。文庫になったら買おうと思っていたはずですが、なぜか手元にあるんですよね。困ったものです。大量のSF文庫を買った後なので、まだ読んではいないのですが、映画を見てから読むべきか、読んでから映画を見るべきか、こういうときはホントに悩んじゃいます。

 それにしても映画館に出かけなくなって、いったいどのくらいのときが経つのか…。前にも書いた様な気がしますが、あれほど映画館に通っていたのがウソのように、まるで映画を見なくなってから(テレビでは見るけどね)久しいような気がします。

 一番の原因は、これならテレビで見ればイイや、急いで映画で見なくても…、というような作品が増えたことだと思います。CGを駆使した映画などは、音との相乗効果を考えれば映画館でしょうが、逆にテレビで見たほうが映像の印象が安っぽくない場合もあったりして(最近はそうでもないのかもしれないけれども)、今でいうワンセグぐらいで十分、という印象の映画をいくつも見せられたのも原因でしょう。

 もちろん値段が結構する上に、以前は2本のペア上映(これはこれで、結構掘り出し物が見つかって楽しい、もちろん逆も多いけど)だったのが今は一本だったり、大ホールが無くなり、小ホール(下手すると家庭シアターか?という…)ばかりで迫力や雰囲気にかけるという部分もあると思います。

 そういうわけで、とんと足の遠のいていた映画館ですが、今度は久しぶりに出かけてきたいと思っています。映画館に行くと風邪をひく、というのも気をつけないとね。さて、これの上映館はどのくらいの大きさなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)