2018年10月31日 (水)

静電気防止スプレーはよくわかんない(苦笑)

 スムースドライブシステムに続いて、というか、ボルト外してやってみればよかったんじゃないかと書き始めて気が付いたorzまあ、べったりかけちゃったのをパーツ外して洗う(凄く、もの凄く面倒)なんてできないので、もうしょうがないけどね。価格としてはボルトの半分。効果は長期もたないならば、もう少し効いてほしい?

 とはいえ、個人的にはなんとなく良くなった(それこそがいわゆるプラシーボ効果というのでは…)感じがあるので、OKOK。最初にエンジンかけて走り出すまでに集中するので、しばらく走って感触を確かめてから、一度エンジン切って。ここでもう一度エンジンかけて走り出すまでをしてから、エンジン止めてスプレーを。

 SRはサイドカバー外してすぐエアクリーナーボックスなので、楽でいいですね。プラスティック製品に対する攻撃性はわからないけれど、思い切ってしっとりと全体が濡れる程度に。しばらく放置してから余分な液をふき取って、それを外部にぬりぬり。ついでにオイルラインにもぬりぬりしてみる(まあ、こちらはあまり意味がないかもだし、確認のしようもないけれど)。

 さて、そんなわけでエンジンをかけると、あれ、少し違うかも。低回転域でも気持ちスムーズになった様な?5速1750回転はあまり変わらないけれど、そこから少しスムーズに開けていける感が。上は逆にもうよくわからないかなぁ?でも微妙に全体的につながりが良くなった気も…気のせいか…。

 しかし、こんなに微妙な差だと、たぶんボルトと違って、借りて乗ったらわからない程度かもしれないですね。やはりボルトの影響を排除して試してみるべきでした。まあ、でも、5000円でなかなか楽しめたというか、それなり以上には“自分にとっては”効果があったので、一安心。大きな改造しない人には、こうしてわずかづつでも積み上げていくしかできないですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

これも気になってた

https://sr400times.com/diary/s1810b.html

 デイトナの調整付きの新型リアサス。AAAさんだっけ?でお勧めされたけど、SR好きが多いのでコストパフォーマンスに優れてると思う、と言われて気になってたのよね。でもまあ、インプレもないし、紹介自体されてるのも見かけなかったし、安全パイとしてオーリンズにしてしまったのだけれど。

 オーリンズはさすがの安定性ではあるのだけれど、もてぎで気になった伸び側の減衰をちょっと弱めるという様な簡単な調整機能もついていないので、自分なりにいじりたいとしたら、やはりちょっとでも調整機能が付いてる方が良いかもしれないですね。ま、オーリンズももう少し乗れば、もうちょっとしなやかに動くかも?ということにしときましょう。

 記事ではさらっとしかインプレがないですけど、まあオーリンズも研究してるでしょうし、より日本の環境にあった設定かもしれません。こういうパーツは乗り比べて選ぶことができない、そして結構高額(車体価格の一割超えるしね)ということもあって、どうしても知ってるメーカー、フィーリングのあるメーカーから変えることは抵抗が。

 若いころはいろいろ試したいと思ってたのに、やはりこれも老化なんでしょうかね?とはいえ、ホワイトパワーとオーリンズしか使ったことないんですけど。ホワイトパワーは自分には合わなかったので、その後はオーリンズ一択状態なんですよね。何とかってガスメインのサスも試乗させてもらったら合わなかったし、難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

本当は、ここまですれば

 というわけで、気のせい以上の効果はあるようなので、ホッとしました。本来ならエアクリーナーを外して比較したり、エアクリーナーとエアクリーナーボックスの蓋を外して比較したりしたらいいんでしょうが、グッツィにFCR付けた時もフレームに干渉してしまうけどエアクリーナーを付けずには走れなかった自分には無理ですね。

 微小な異物であっても、エンジンの寿命を短くする恐れのあるクリーナー無しは、もちろん修復予算も無いこともありますし、そもそもエンジンをどう長持ちさせて走ろうか?とかも考えたりして走ってる自分には、怖いんですよね。比較すれば吸入量云々というあたりがはっきりして、気分もすっきりするとわかっていても、出来ないです。

 ま、探せばそうして比較してる人がいるかもしれないですし。気にならない、気にしない人に任せときましょう。基本的にエンジン自体に手を入れない、というのもエンジン寿命を短くしたくないという意識の表れですし、SRXとグッツィでエンジン壊したことはトラウマになってるんでしょうね。

 というわけで、こういうエンジンいじらない、改造する必要のない改善パーツみたいなの大好きなわけですが、効果がはっきり見えるのが長続きしてくれる安価なパーツはとても嬉しいのです。ライパ前にできなかったアーシングも、タンク外す気力が湧いたら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

スムースドライブシステム、付けてみました

http://ngc-japan.com/info/?cat=13

Do9vgcaucaa7itz (印象を大事にするのに、ツイッターからの加筆転載):インシュレーターバンドのヘックスボルトだけど、こんなとこの一本変えたくらいで...あ、あれ、全然違う。基本的にはエンジンどころか何もいじってないので、性格が変わったりはしないんだけど。

Do9vhhbuwaix65p 低速域(低回転域)はほとんど変わらない印象だったけど(使える最低回転域も、その反応も変化は感じられない?)、回していくと結構違う。まあ、他の人に乗ってもらったら、「ちょっと変わった気がする」程度だろうけど、レンチ用意して外して付けるだけのボルト一本で、それだけ違いを感じるってのは効果大。(オイル添加剤なんかと違って)永続的効果だしね。

 理屈的に考えると、流速が速い域で流量増加に効果があるという、狙い通りの作用なのかな。空気の量の足りてる低回転域では効果が感じられない、と。まあこれも、機械的に効率的でないSRだからわかりやすい、ということなんだろうね(確かに汚れたエアクリーナーを交換したイメージは近いかもしれない)。

 個人的には、回していったときの音から苦しさが消えた感が、とてもいい。無理させてる感は、結構疲れるので。回りたがるのは逆に辛い(自制心が)。(高回転になるほど詰まった感じになっていくのが無くなって、雰囲気的に上が伸びる感がある気がする。)火傷はしたけど、2500円程のボルトでこれだけ楽しめるなら、十二分に満足。(…というか、コストパフォーマンス的には驚くほど効果的、と言うべきか。)

 (よく書いてある)アクセル開け始めがスムーズになる、振動が減る、とかいう部分はわからなかった(苦笑)けど、中回転以上でトルクが厚くなった感じはある(そもそも音からして違う)。(細かい開閉は)低回転域メインに使ってる自分に感じられないのはしょうがないね。中間から上は開けっ放しか全閉かのどっちかだし。

 こういう効果が微妙なパーツは、付けたり外したりが簡単なシングルは便利よね。何度も(付けたり外したりを)やり過ぎて火傷したけど。次回は静電気防止スプレーをエアボックス内にぶちまけるんだ(こっちの方がわかりにくそう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

ボルト来ました

Img_20180920_0327541 スムーズドライブ、Fiのインシュレーター用のボルトですね。効果が感じられれば安いし、そうでなければ高いという感じ。う~ん、来年の春までには、なんとか…。


Img_20180920_0329151 構造はいたってシンプル。これでどんな感じになるのか、ちょっとというより、だいぶ楽しみです。静電気除去スプレーというのもついでに買って5,000円。まあ、スマホでスルスルってのは、もう楽しみました。

 めんどくさくないスプレーから試したくなりますが、ボルトを先にしないとよくわからなくなりそうなので、とりあえず我慢。ええ、どうなんでしょうね?これだけで、どうかわるのか。

 ライパの写真はクレジットカードのみみたいで、登録が面倒でまだ放置していますが、1枚にするか2枚買うかでまだ迷っていたりするので、まあそのうち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

スムーズドライブシステム?

http://ngc-japan.com/info/

 Twitterで流れてきましたが、うーん、どうなんでしょうね、コレ。まあオイル添加剤とか使ってる時点で、こういうの大好きっぽい感じですが…、ええ、大好きです(苦笑)。っていうか、オイルライン当たり使うと、流速が変わって冷却効果も少しは上がったりするのでしょうか?さすがに期待しすぎか。

 高ければアレですが、ボルトの頭に金属パーツを溶接しただけなので、非常に試してみ安い価格帯というのが、もう駄目ですね。オイル添加剤より安いじゃないですか~!というわけで、とりあえずインシュレーターバンドボルトを試してみようか、と。あとはホイール周りとか、気になりますね。

 スムーズになるというのは、ちょっとプラスかマイナスか想像がつきませんが、加速が多少でもよくなるなら、かなり安い投資と言えるでしょうしね。静電気防止スプレーも買って、エアクリーナー周辺に噴いてみてもいいかなぁ~と考えています。まあ、ちょっと…だいぶHPが見づらいので、なにがあるか、そしていくらなのか?とかHPでは全くわかりませんけどね。

 シングルだとこういうの試しやすいってのも、いいところです。交換も一か所なら簡単だし。これで1番、2番、3番、4番とか、面倒だしコストも4倍近くなるでしょうしね。エアクリーナー周辺のスプレーで、ちょっとでもトルクが厚くならないか…とか考えちゃいますが、そんなに大きくは変わらないでしょうが、多少なりとも効果がありそうな気がするんですよね、雰囲気的に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

高速でも安心

 リアサスのオーリンズ、山道でも相変わらず好調。しっとりと落ち着いていて、フロントがバタバタしなくて楽ですね。アクセルの開閉で姿勢の変化、フロントの首振り、いろいろ気持ち悪かった部分が無くなると、やはり走っていても気持ちいいし、安心して走れます。段差でも、バイク立てなくても暴れないですし。

 高速に乗っても、やはりアクセルの開閉で姿勢変化が少ないためか、非常にフロントが落ち着いてるのがよろしいですね。いつもフラフラして怖かったのがうそのようです。特にアクセルを閉めたときのフロントの安定感はとてもうれしい。前はフロントがいやいやするような場面もありましたから、その状態で段差に乗ったりすると結構不安でしたしね。

 とはいえ、なぜか車体の安定感が増したとたんに、エンジンと足回り(タイヤ)の方が心配になって、恐る恐る流れに乗って帰ってきました。エンジンが壊れる不安(これはオイル交換してないせいでもある)は、そのノイズの大きさから。なので、用心して恐る恐る高速を走っていました。ETC付けてないし、バイクで乗るのはかな~り久しぶりですしね。

 タイヤがチューブだし、パンクこわい病(ボニーの時もなってましたが、スローじゃないパンクは怖い)も再発して、やっぱり高速は乗らなくてもいいか…と。相変わらずみんな車間距離をとらないし、どうみても回避できそうもない技量の人ばかりですから、瞬間的にフルブレーキしても結局死にますね。寄せて止まる間位空気が抜けないといいんですけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

S36E、写真撮ってたんだっけ

Img_20180429_122237 というわけで貼り忘れてた写真です。まあ、長さはおんなじですね。高級感は近づけばありますが、遠目に見ると地味な感じですかねぇ。でも黄色いスプリングも、やっぱりちょっとなんか違う気もしますし。まあ、好みの問題ですね。

Img_20180429_125454 あれ、横になっちゃったけど、こんな感じでグラブレールは外さずにそのまま。シートバッグをつけたりするので、あった方が便利ですしね。うーん、やっぱり地味かな?チェーンガードはやっぱり欠けがないとダメなんですね。

Img_20180429_152610 これも横か…。右が下のラバーですが、ぶつかった感じでもないし、ロッドのグリスだまりを見ても当たってない感じ。震災からそのままの、ガツンと来る結構な段差を通過してこれなら問題ないですしね。OKということにしときましょ。

Img_20180429_152632_2 うん、やっぱり地味かしら。ちなみにこの時は財布を落として…。まあ、帰ってこないですけどね。カード類の面倒より、子供の教育講座に払うお金をロストしたのがキツイ…。バックステップとか、付けられましたね、その予算があれば。急いで来た道を戻ってみたんですが、得られたのはそんな時でも安定した走りだという、安心感のみでした、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

オーリンズ、山道で

 さて、山道を走ってみましたが、やはり印象は変わらず。しっとりとして、落ち着いた、路面をなめるような追従性の良いサスペンションですね。ハンドリグは思っていたよりは重くならず、小さいコーナーでのクイックさはおとなしくなりましたが、逆に大きなコーナーではすごく安定感があります。段差に乗るとどこかへ飛んで行ってしまう、という感覚もない。

 これはサーキットでは楽そうですね。調整はイニシャルプリロードだけですが、回そうとしても回らない。あれ?これって開くように回すんじゃなかったっけ?まあ、ギャップで跳ね上げられてもゴムブッシュまでギリギリ届かないようですし、調整不要だと思います。どの段階かもよくわかりませんが、体重軽い人では下げないといけないでしょうね。

 乗り心地も厚いシートのせいもあって悪くなく、ゆすられなくなった分気分悪くもなりにくいかな?ライン取りの正確さはマシマシで、小さいコーナーでのクイックさはおとなしくなってるのは残念だけど、トレードオフだし、しょうがない。まあ、欲しいと思ってたオーリンズらしさ、そのままの性能にホッとしました。買い替えるのは大変だしね(グッツィはわずかな金額を惜しんで最後まで苦労したし)。

 物足りなかったり、不安を感じるんじゃないか?と思ってたフロントも、もう少し動き出しが良くて微妙に減衰力…と思う程度(贅沢)で特に大きな不満もない。段差でちょっと跳ねるのが気になる程度です。ただ、これだとコーナリングスピードが上がる傾向の設定の様な気もしますので、くれぐれもライディングパーティーでは無理をしない様に、私殿、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

オーリンズ S36E

 第一印象が、「柔らか!!」。あれ、硬くて動かないという話じゃなかったんでしょうか?スプリングと減衰設定(スプリングが変われば…)が変更になっているのかな?静止状態ではスタンダード(イニシャルはかけてる)とあまり変わらない印象です。…あ、体重が80キロあるからですかね。SRに重すぎですね。でもこれで、「沈まないならちょっと前下がりな姿勢に…」というのは無しですね。

 しかし、走り出してみても、印象は変わらず。まあ、ストロークが短く感じる(バタバタ動かない)ってのはありますが、スタンダードのフロントがポンポン跳ねるような段差でも、なめる様に路面追従しています。凄いです。でもやっぱり、いつものオーリンズですね。ということは、やっぱり設定が変わっている、が正解なのかな?体重?ハイハイ。

 フル加速していても、段差でノーマルの様に飛び跳ねるような挙動もなく、すごく高級です。リアの動きが穏やかになった分、ノーマルのフラフラするかの様な挙動も消え、しっとりと落ち着いたハンドリングに。ただ逆に、スパッと向きを変えるには、ちょっと動きが遅かな?フラッとするのを上手く利用できない分。まあ、この辺は慣れですね。

 しかしボンネビルの時も思いましたが、このサス結構キシュッ、キシュッ、って音が大きいですね。ええと、湿気が高いときがよく聞こえるんだっけかな?忘れましたが。ハンドリングは落ち着きが出て(悪く言えば重くなった?)、ライン取りが安定性を含めかなり楽になってる。というわけで、ちょい乗りでは特に大きなネガは無いようですが、山道へ行くと違うんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧