バイクパーツ

2019年9月12日 (木)

オーリンズ在庫処分

https://twitter.com/ricoland_mito

 火事の際にあった在庫一掃セールですが、水戸のライコでオーリンズ半額ですよ!買いに行かなくちゃ…って、もうオーリンズ付いてるわ。しかし、風雨にさらされるサスですし、熱にあってるわけでもなさそうなので、超お買い得ですね。ハーレー用を買っておきたく…え、SRの車検代と同じくらい?諦めるん。

 個人的にはグッツィで悩みに悩んで、850Rでも考え込んだWPと違って、オーリンズはフィーリングが合うんですよね。ボンネビルはオーリンズ安売りしてるのを見かけて決断したということがある位ですし、NCだって新車にオーリンズ付けてもらって納車した位ですからね。もっと高いのはもっといい?使ったことないし、フィーリングの問題が大きいので、性能が良ければいいというわけでもない様な気がするので、興味がわかない感じ。

 SRは車体価格もあるし、安い国産にするつもりでしたが、結局オーリンズにしてしまいました。うん、安心と安全の(安いサスはやはり不安が残るし)選択ですね。でも、おかげで調整機能の付いてないスタンダード品でもオーダーの様にぴったりです。何の調整もしてないです。しっとりとして、地面を離さないグリップは、不安なく思い切って行けます。ターンインのリーンでもバッチリ、欲しい性能を発揮してくれてますし。

 この辺は個人差大きいところですが、好みを探るという意味でも、今回の様な特別セールは嬉しいですね。ハーレー用も充実してた気がするのですが、ハーレー乗りあオーリンズとかあまり使わないんでしょうかね?イメージ的に。スタンダードで乗ってる感が強いバイクですよね。なんとなく。

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

そういえば…

 なんかSR400のブレーキ、フロントだけパッドが無かったんですけど…。5000キロも走ってないのにね。とはいえ、もてぎサーキットのライパ、三回参加してますけどね。二回目はほとんど乗りませんでしたけど…リアサス抜けて、怖くて。自分のイメージでは結構リアも強くかけてる感じなのですが、リアはほとんど減ってない感じです。まあ、ロックしない程度に、と考えると、あまりギュッとは踏めないですしね。

 意外とハードブレーキングより、強めに長くかける方がブレーキの消耗的には良くないのかもしれないですね。じゃないと、理由がわかりませんし。純正のブレーキは、結構タッチが気に入ってるし、十分に制動力もありますから、変更する理由はないです。ということで、もうほとんどベースだけになってたフロントブレーキは、車検時に純正の新品への交換をお願いしました。うーん、車重も軽いのに、気になりますね。あ、ライダーが重すぎるから?

 ストレートエンドでもハードにブレーキングしないのは、フロントサスの限界というのももちろんありますけれど、基本的に失ったエネルギーを回復する手段がない、速度を落とし過ぎると加速しないバイクでは遅いまま、というのが一番の理由です。となると、せいぜい140キロしか出ないSR400で、フルブレーキなんて必要な場面はわずか、ということですね。それに、車体姿勢を出来るだけ動かしたくないという、サスペンションに優しく、挙動を乱さないライディングを心がけてるというのも理由の一つですか。

 かけ始めから、フロントサスの縮みスピードとリアサスの伸びスピードの違いを吸収するようなかけ方にしてますし、車体全体を下に沈めるようなライディングを心がけてますし。高性能リアサスと、低性能(失礼)フロントサスの作動をシンクロさせるのは、ライダーの仕事ですからね。そうしてやれば、特にフロントはコーナーでの動きに不満もなく、実際振られたり、暴れたりなんてのは、3回のもてぎライパで一度もないですし。あ、130Rのギャップ?継ぎ目でゆらゆらするのは、別に危なくもなんともないので、除外です。これはフレームも関係しますしね。

 でも、そうか、思い出したらボンネビルもフロントブレーキだけ無くなってましたね。NCは最後に見た時にはそんなに減った感じではなかったと思いますし、リア(と言うより前後連動ブレーキ)主体に乗ってたグッツィもそうではなかった気が。うーん、この辺のクラシック系のフレームと関係あるのかな?

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

タペットカバー冷却フィン

Img_20190519_135325 ボアエースの延長ボディですね。容積が拡大されることで、動きも滑らかになるとかなんとか?そんなに効果あるんだろうか?と思いますが、評判もいいみたいなので購入してみました。冷却自体は一番風が当たる場所なので、多少は良さそうな気もしますが、個人的には低回転域の扱いやすさが目当てでの購入です。冷却するんならオイルクーラーも考慮すべきでしょうが、グッツィに比べるとそれほど熱くない気もしますしね。

Img_20190519_135336 というわけで、ボルトオンですので、付いてるカバーを外して延長ボディを間に割り込ませるだけ。ガスケットがある?と思いましたが、ゴムパッキンだけでしたね。本当にただの筒なんですけどね。これで良くなるというのが不思議です。まあ、前につけたスムースドライブシステムほどじゃないですけどね。あれは本当に理解できない不思議な感覚です。

Img_20190519_135542 つける場所は結構狭いので、ボルト上のゴムホースを逃がさなくてはならないのですが、写真は不明瞭ですが、ホースの上の方へ取り付けてあるプラスティックを滑らせるようにすれば、ぱちんと外れます。その上でホースを逃がしてボルトを外してやれば簡単に交換できますね。うーん、簡単に交換するだけのチューニングが多いですね。ま、基本エンジンには手を入れたくない派なので、こういうのがあると嬉しんですよね。

 と言うわけでちょっとだけ実走。えええ!ウソ~ん。こんなにはっきり変わるんですね。凄いスムーズです。2速1,500回転以下からスムーズに加速してます。1速も使いやすい。エンブレが少しだけ弱くなった?低回転域を多用する自分とっては凄くうれしいパーツでした。渋滞やUターンでも楽になりそうです。

 マフラー、スムースドライブシステム、そしてコレと、全体にパワー感が上がって、中~上回転の伸びが良くなって、低回転でも楽に進むようになった。息苦しくて、トラクションがかからない…という最初の印象がガラッと変わって、元気で楽しい感じになりました。全てボルトオンのお手軽チューンってのが面白いですね。いや、もちろん、ほとんど速くはなっていないので、やっぱりそれなりに走ろうとすれば遅いんですけど、楽しさは数倍になりました。サーキットでも、遅くても楽しくなってるといいんですけど。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

パーツ、すぐ届きました

D6tv11pu0aa9xcg 届きました~、タペットカバーの容量拡大と冷却のための延長パーツですね。アウトレット品なので?、Bという表記があります。自分は磨く方はあまり興味が無いので、きちんと使えればこれで十分です。変色がある系ですかね。新型に比べると冷却性能は落ちる?みたいな感じですが、低回転域強化がメインの目的なので。

D6tvkkjuiaa6hj3  で、その余った予算でこちらのカムカバーパーツも。冷却系のパーツですが、目的はまるっとしてつるつるなカバーが目立つので、そこはちょっとドレスアップしたいという、冷却とは全く無関係の目的で。まあ、油温が微妙に下がるならそれも嬉しいですけどね。オイルクーラーも付けようとしていない自分には、効果があればラッキー程度でしかなかったりします。

D6tvlpnuuag6rov  こちらも本体はB品なのですが、B品でない拡張コアの方がちょっと角が立ってて、洗車の時に下手すると手を怪我しそうということで、砥石で角を取っておきました。800番で角を使って隙間のエッジも丸めてやりました。これで安心でしょう。洗車中とか、結構手がふやけていてスパッと切れたりしますしね。

 装着時の変化に興味はありますが、エンジン本体、それもヘッド付近のパーツだけに、走ってから交換、また走るというのは無理なので、直接的な比較はできませんが、みんな効果あると言ってるみたいなので、期待しています。ちょっとでも低回転域が使いやすくなると、大きな差が出来ますからね。楽しみ。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

たまにはお買い物

 ちょっとだけですが、しかも最新型良いなぁ~と思いながらのアウトレット品購入。予算(もうすぐライパ申し込み、オイル交換も控えてる)の関係は、いかんともしがたいですしね。もうとっくに過ぎましたが、自分へのささやかなバースデープレゼントということで、ボアエースさんのパーツを注文してしまいました。

 タペットカバー用放熱フィン、カムカバー用放熱フィン OUT-KRF-3V カムカバー用放熱フィン(シルバー)、拡張コア1段目(シルバー)です。正直空冷フィンはいらない(オイルクーラーさえつける気が無いしね)というか、それほど効果は無いと思うのですが、タペットカバー用に旧品のエラー品を頼んだので、送料無料の1万円のために…。

 タペットカバー用は「中低回転域欲しい」といつも言ってる自分向きらしいということで前から興味はあったのですが、ようやく。前を冷やすなら後ろも少し、みたいな雑なイメージでカムカバー用フィンを。フレームにアルミ洗濯ばさみいっぱい付けた方がオイル冷えるんじゃ?みたいな残念な感性ですが、どっちかと言えばドレスアップ商品的なイメージで。あのカバー、のっぺりしてて結構目立つんですよね…。

 というわけで、さらなる低中回転域の強化になればいいなぁ、と。低回転域多用する自分に合ってるといいな。後は特に大きくいじりたい場所があるわけでもなく、フレームや振動で不満を感じてないのでアクションダンパー?はいらないし、せいぜいタイヤをナニ使おうか、位でしょうか。あ、電気系はちょっと強化したいですが、あまり安くて良さそうなのも見当たらない感じなので…

| | コメント (0)

2018年10月31日 (水)

静電気防止スプレーはよくわかんない(苦笑)

 スムースドライブシステムに続いて、というか、ボルト外してやってみればよかったんじゃないかと書き始めて気が付いたorzまあ、べったりかけちゃったのをパーツ外して洗う(凄く、もの凄く面倒)なんてできないので、もうしょうがないけどね。価格としてはボルトの半分。効果は長期もたないならば、もう少し効いてほしい?

 とはいえ、個人的にはなんとなく良くなった(それこそがいわゆるプラシーボ効果というのでは…)感じがあるので、OKOK。最初にエンジンかけて走り出すまでに集中するので、しばらく走って感触を確かめてから、一度エンジン切って。ここでもう一度エンジンかけて走り出すまでをしてから、エンジン止めてスプレーを。

 SRはサイドカバー外してすぐエアクリーナーボックスなので、楽でいいですね。プラスティック製品に対する攻撃性はわからないけれど、思い切ってしっとりと全体が濡れる程度に。しばらく放置してから余分な液をふき取って、それを外部にぬりぬり。ついでにオイルラインにもぬりぬりしてみる(まあ、こちらはあまり意味がないかもだし、確認のしようもないけれど)。

 さて、そんなわけでエンジンをかけると、あれ、少し違うかも。低回転域でも気持ちスムーズになった様な?5速1750回転はあまり変わらないけれど、そこから少しスムーズに開けていける感が。上は逆にもうよくわからないかなぁ?でも微妙に全体的につながりが良くなった気も…気のせいか…。

 しかし、こんなに微妙な差だと、たぶんボルトと違って、借りて乗ったらわからない程度かもしれないですね。やはりボルトの影響を排除して試してみるべきでした。まあ、でも、5000円でなかなか楽しめたというか、それなり以上には“自分にとっては”効果があったので、一安心。大きな改造しない人には、こうしてわずかづつでも積み上げていくしかできないですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

これも気になってた

https://sr400times.com/diary/s1810b.html

 デイトナの調整付きの新型リアサス。AAAさんだっけ?でお勧めされたけど、SR好きが多いのでコストパフォーマンスに優れてると思う、と言われて気になってたのよね。でもまあ、インプレもないし、紹介自体されてるのも見かけなかったし、安全パイとしてオーリンズにしてしまったのだけれど。

 オーリンズはさすがの安定性ではあるのだけれど、もてぎで気になった伸び側の減衰をちょっと弱めるという様な簡単な調整機能もついていないので、自分なりにいじりたいとしたら、やはりちょっとでも調整機能が付いてる方が良いかもしれないですね。ま、オーリンズももう少し乗れば、もうちょっとしなやかに動くかも?ということにしときましょう。

 記事ではさらっとしかインプレがないですけど、まあオーリンズも研究してるでしょうし、より日本の環境にあった設定かもしれません。こういうパーツは乗り比べて選ぶことができない、そして結構高額(車体価格の一割超えるしね)ということもあって、どうしても知ってるメーカー、フィーリングのあるメーカーから変えることは抵抗が。

 若いころはいろいろ試したいと思ってたのに、やはりこれも老化なんでしょうかね?とはいえ、ホワイトパワーとオーリンズしか使ったことないんですけど。ホワイトパワーは自分には合わなかったので、その後はオーリンズ一択状態なんですよね。何とかってガスメインのサスも試乗させてもらったら合わなかったし、難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

本当は、ここまですれば

 というわけで、気のせい以上の効果はあるようなので、ホッとしました。本来ならエアクリーナーを外して比較したり、エアクリーナーとエアクリーナーボックスの蓋を外して比較したりしたらいいんでしょうが、グッツィにFCR付けた時もフレームに干渉してしまうけどエアクリーナーを付けずには走れなかった自分には無理ですね。

 微小な異物であっても、エンジンの寿命を短くする恐れのあるクリーナー無しは、もちろん修復予算も無いこともありますし、そもそもエンジンをどう長持ちさせて走ろうか?とかも考えたりして走ってる自分には、怖いんですよね。比較すれば吸入量云々というあたりがはっきりして、気分もすっきりするとわかっていても、出来ないです。

 ま、探せばそうして比較してる人がいるかもしれないですし。気にならない、気にしない人に任せときましょう。基本的にエンジン自体に手を入れない、というのもエンジン寿命を短くしたくないという意識の表れですし、SRXとグッツィでエンジン壊したことはトラウマになってるんでしょうね。

 というわけで、こういうエンジンいじらない、改造する必要のない改善パーツみたいなの大好きなわけですが、効果がはっきり見えるのが長続きしてくれる安価なパーツはとても嬉しいのです。ライパ前にできなかったアーシングも、タンク外す気力が湧いたら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

スムースドライブシステム、付けてみました

http://ngc-japan.com/info/?cat=13

Do9vgcaucaa7itz (印象を大事にするのに、ツイッターからの加筆転載):インシュレーターバンドのヘックスボルトだけど、こんなとこの一本変えたくらいで...あ、あれ、全然違う。基本的にはエンジンどころか何もいじってないので、性格が変わったりはしないんだけど。

Do9vhhbuwaix65p 低速域(低回転域)はほとんど変わらない印象だったけど(使える最低回転域も、その反応も変化は感じられない?)、回していくと結構違う。まあ、他の人に乗ってもらったら、「ちょっと変わった気がする」程度だろうけど、レンチ用意して外して付けるだけのボルト一本で、それだけ違いを感じるってのは効果大。(オイル添加剤なんかと違って)永続的効果だしね。

 理屈的に考えると、流速が速い域で流量増加に効果があるという、狙い通りの作用なのかな。空気の量の足りてる低回転域では効果が感じられない、と。まあこれも、機械的に効率的でないSRだからわかりやすい、ということなんだろうね(確かに汚れたエアクリーナーを交換したイメージは近いかもしれない)。

 個人的には、回していったときの音から苦しさが消えた感が、とてもいい。無理させてる感は、結構疲れるので。回りたがるのは逆に辛い(自制心が)。(高回転になるほど詰まった感じになっていくのが無くなって、雰囲気的に上が伸びる感がある気がする。)火傷はしたけど、2500円程のボルトでこれだけ楽しめるなら、十二分に満足。(…というか、コストパフォーマンス的には驚くほど効果的、と言うべきか。)

 (よく書いてある)アクセル開け始めがスムーズになる、振動が減る、とかいう部分はわからなかった(苦笑)けど、中回転以上でトルクが厚くなった感じはある(そもそも音からして違う)。(細かい開閉は)低回転域メインに使ってる自分に感じられないのはしょうがないね。中間から上は開けっ放しか全閉かのどっちかだし。

 こういう効果が微妙なパーツは、付けたり外したりが簡単なシングルは便利よね。何度も(付けたり外したりを)やり過ぎて火傷したけど。次回は静電気防止スプレーをエアボックス内にぶちまけるんだ(こっちの方がわかりにくそう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

ボルト来ました

Img_20180920_0327541 スムーズドライブ、Fiのインシュレーター用のボルトですね。効果が感じられれば安いし、そうでなければ高いという感じ。う~ん、来年の春までには、なんとか…。


Img_20180920_0329151 構造はいたってシンプル。これでどんな感じになるのか、ちょっとというより、だいぶ楽しみです。静電気除去スプレーというのもついでに買って5,000円。まあ、スマホでスルスルってのは、もう楽しみました。

 めんどくさくないスプレーから試したくなりますが、ボルトを先にしないとよくわからなくなりそうなので、とりあえず我慢。ええ、どうなんでしょうね?これだけで、どうかわるのか。

 ライパの写真はクレジットカードのみみたいで、登録が面倒でまだ放置していますが、1枚にするか2枚買うかでまだ迷っていたりするので、まあそのうち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧